雲井通5・6丁目再開発

神戸三宮雲井通5丁目地区第一種市街地再開発事業 「雲井通5丁目の歴史。語る仮囲いギャラリー」誕生



既存建物の解体が急ピッチで進行する雲井通5丁目再開発事業エリア。更に建物解体の進捗が顕著になってきました。



昨年5月より解体が開始されているサンパルは、その仮囲いに期間限定の企画展を実施しています。



その名も「雲井通5丁目の歴史。語る仮囲いギャラリー」。エリアの歴史を写真で時系列に掲示しています。



現在、解体されているサンパルや中央区総合庁舎等がまだ建設される前の昭和40年代(1970年代)の雲井通5丁目の様子。勤労会館の建設が開始されたばかりの頃のようです。神戸新聞会館から撮影されたものと思われます。



前述の写真と同じ頃の空撮でしょうか。左下に磯上公園。左中央に国鉄三ノ宮駅。右上に新神戸駅が確認出来ます。高層ビルは皆無で、大きな建物は神戸新聞会館、三宮ビル北館位。まだ当時は新しい布引アパートも確認出来ます。



そして昭和50年代(1980年代)に再開発の進んだ雲井通5丁目の様子。竣工したばかりのサンパル、勤労会館、中央区役所等が立ち並んでいます。プランタンの入る雲井通6丁目のサンシティ(現OPA2)はまだ建設されていません。



そのサンパルも既に上層2フロアは解体撤去が完了しており、徐々に高さを縮小しています。



遂に中央区総合庁舎も足場と防音パネルに覆われ始めました!いよいよ赤煉瓦の庁舎も見納めです。



竣工当初は非常にモダンで存在感のある建物だったと思います。現在は40-50年で建替の進む日本の建物ですが、超高層化された再開発ビルはどれ位の期間に渡って活用される事になるのか。解体されているこれらの建物より歴史の長い商工貿易センタービルはまだまだ現役です。



勤労会館はもう既に元々の高さの半分以下にまで縮小しました。



中央区総合庁舎と比較してもその大きさは顕著に縮小しています。



更地化に向かって突き進んでいます。



サンパルや東横INNの縮小も進行しています。



この再開発ビルにはどのような名称が与えられるでしょうか。やはり○○タワーとなるのでしょうか。私のアイディアとしては、雲井通の「雲」の字から、英語の「CLOUD(クラウド)」を名称に入れてみてはどうかと思いました。「クラウドスクエア神戸三宮」なんてどうでしょうか。

関連記事
雲井通5・6丁目再開発

神戸三宮雲井通5丁目地区第一種市街地再開発事業 開発街区内建物全てが足場・防音パネルに覆われ始める 来夏の着工に向けて本格解体へ

2022年11月23日
こべるん ~変化していく神戸~
先週には雲井通5丁目再開発株式会社より概要と図面の発表が行われた雲井通5丁目再開発のバスターミナルI期ビル。今年5月よりサンパルの閉 …
雲井通5・6丁目再開発

今年5月にバスターミナルビルの再開発会社設立

2018年2月10日
こべるん ~変化していく神戸~
今年の5月にバスターミナルI期ビルの事業者となる再開発会社を設立する方針を神戸市が固めたと神戸新聞が報じました。株式会社で株式の半分を神戸市、神戸すまいづくり公社が15%、兵庫県が …
雲井通5・6丁目再開発

神戸三宮雲井通5丁目地区第一種市街地再開発事業 勤労会館の解体撤去工事開始 全体街区の解体準備整う

2022年9月3日
こべるん ~変化していく神戸~
雲井通5丁目の再開発始動に伴い、閉館した神戸市勤労会館の解体撤去工事も開始されました。建物を足場と防音パネルで覆い始めています。  …
雲井通5・6丁目再開発

神戸三宮雲井通5丁目地区第一種市街地再開発事業 サンパルを覆う足場設置の仮設工事が開始される 勤労会館も今週閉館

2022年6月27日
こべるん ~変化していく神戸~
6月上旬に電撃的な開発概要が発表された神戸三宮雲井通5丁目地区第一種市街地再開発事業。開発街区内では先行してサンパルが閉館。1階のご …
雲井通5・6丁目再開発

神戸三宮雲井通5丁目地区第一種市街地再開発事業 敷地全体で掘削が進み乗り入れ構台の設置も開始

2024年5月14日
こべるん ~変化していく神戸~
サンパルの解体工事開始から既に2年が経過した雲井通5丁目再開発プロジェクト。次世代の三宮におけるランドマークタワーの誕生に向けて残り …
雲井通5・6丁目再開発

神戸三宮雲井通5丁目地区第一種市街地再開発事業 サンパルに続いて勤労会館の解体撤去工事にも着手 東横INN閉館を待って街区全体の解体開始

2022年8月25日
こべるん ~変化していく神戸~
大林組の施工により、サンパルの本格的な解体が開始されている雲井通5丁目の大規模再開発プロジェクト。地上32階・高さ164mの超高層複 …
雲井通5・6丁目再開発

雲井通5丁目再開発ビル内の新・神戸文化ホール整備にかかる設計等・管理運営計画策定支援業務委託事業者決定

2022年6月18日
こべるん ~変化していく神戸~
雲井通5丁目に計画されている再開発ビルの低層部4-8階に整備される予定の文化大ホールは、1,800席程度を想定しています。 この大 …

POSTED COMMENT

  1. sirokuma より:

    最近、深夜にYoutubeで昔の街並みをなにげに眺めることがありますが、高度経済成長期の人々の眼差しからは、何かしら希望と自信にあふれているような躍動感・スピード感を感じます。この頃の再開発から半世紀を経た今、景観や高さやタワマンなどの各種規制などでがんじがらめになっていますが、一度、0ベースに戻して一定規模以上の大規模開発については大幅な緩和を行い、あとは走りながら考えた方が、ワクワクするようなダイナミックな投資を呼び込めるし結果、高品質の良いまちづくりができると思います。

    https://www.youtube.com/watch?v=CF6m0dOjnFs&t=1416s

    https://www.youtube.com/watch?v=CF6m0dOjnFs&list=PLNYppp_-csq9ad50tXj_Xapsjt8BXLEwz

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です