雲井通5・6丁目再開発

雲井通5丁目再開発事業協力者の募集開始!

bustasannomiya12.jpg

ヴィーナステラスを眺望点とする都心部建物に対する高さ規制導入に反対される方はこちらをクリック (神戸市に提出する為、皆様からの反対意見を募集しています)

神戸市が高層ツインタワーとなるバスターミナルビルのI期ビルを整備予定の雲井通5丁目再開発についていよいよ事業協力者の公募を開始しました!アドバイザー企業による提案内容を基に神戸市が策定した基本構想により、バスターミナル、駐輪・駐車場、商業施設、大小ホール、三宮図書館、オフィス、中長期滞在施設、ホテルといったてんこ盛りの複合機能を持たせた高さ上限165mの超高層ビルが整備される事になります。

bsutasannomiya-05.jpg

公募期間は7月6日から1ヶ月間。その後、非公開形式で審査委員会による選定が行われ、8月末までに決定及び選定事業者への通知が行われるというスケジュールが予定されています。つまり2ヶ月後の9月上旬にはほぼ完成する建物の概要が発表される事になるのです。まさかJRターミナルビルより前にバスターミナルビルの内容が固まる?とは思いませんでした。同時期に発表となれば当ブログはお祭りになるのでしょうね。

bustasannomiya-04.jpg

さて、応募を行う事業協力者の顔ぶれは一体どうなるのでしょうか。アドバイザープロポーザルでは三菱地所が中心となって三菱倉庫、神鋼不動産、大林組の4社から構成する第1グループと森ビル都市企画が代表となり、アールアイエー、竹中工務店、関電、野村、東急の各不動産会社、アベストコーポレーション、そして神戸ポートピアホテルが名を連ねた第2グループからコンセプトが提出されました。

busta000.jpg

このままのグループがまたそれぞれの案をブラッシュアップして提出してくるのか、それともグループの再編や分割等も行われるでしょうか。大阪のうめきた二期では各企業から競うように数多くのプロポーザルが提出されましたが、実際に公募に応じたのは2企業グループでした。当初のプロポでは企業がバラバラに各々の案を出した一方、実際にはグループ化されましたが、参加企業数は減ったようです。

いずれにせよ三宮の再開発でこれだけの大手民間企業が興味を示すプロジェクトはありませんので、提案内容には大きな期待を寄せています。JRで気を揉む我々へのカンフル剤としては十分なインパクトを与える素晴らしい内容になる事を期待して9月を待ちたいですね!



関連記事
雲井通5・6丁目再開発

神戸三宮雲井通5丁目地区第一種市街地再開発事業 サンパルに続いて勤労会館の解体撤去工事にも着手 東横INN閉館を待って街区全体の解体開始

2022年8月25日
こべるん ~変化していく神戸~
大林組の施工により、サンパルの本格的な解体が開始されている雲井通5丁目の大規模再開発プロジェクト。地上32階・高さ164mの超高層複 …
雲井通5・6丁目再開発

神戸三宮雲井通5丁目地区第一種市街地再開発事業 国土交通省庁が保有しコンセッションで民間事業者が整備・運用するバスターミナル

2024年5月31日
こべるん ~変化していく神戸~
先週、神戸市より建物内に整備される三宮図書館や大小の文化ホールのイメージが発表されたばかりの雲井通5丁目再開発バスターミナルI期ビル …
雲井通5・6丁目再開発

今年5月にバスターミナルビルの再開発会社設立

2018年2月10日
こべるん ~変化していく神戸~
今年の5月にバスターミナルI期ビルの事業者となる再開発会社を設立する方針を神戸市が固めたと神戸新聞が報じました。株式会社で株式の半分を神戸市、神戸すまいづくり公社が15%、兵庫県が …
雲井通5・6丁目再開発

神戸三宮駅前空間整備事業計画検討会第2回会合で判明したバスターミナル検討案についての一部詳細

2020年1月4日
こべるん ~変化していく神戸~
国土交通省近畿事務局と神戸市は国道2号線を含む三ノ宮駅前交差点エリアの再整備構想(三宮クロススクエア構想)と雲井通5・6丁目に計画するバスタ …
雲井通5・6丁目再開発

神戸三宮雲井通5丁目地区第一種市街地再開発事業 遂に旧中央区総合庁舎も白箱化 その他の建物も縮小化が続く

2023年2月21日
こべるん ~変化していく神戸~
今年7月の着工に向けて、着々と街区内既存建物の解体が進む雲井通5丁目の再開発地区です。サンパルも上層階からどんどん縮小し始めていますが、 …
雲井通5・6丁目再開発

神戸三宮雲井通5丁目第一種市街地再開発事業 サンパルの解体は5月以降に着手予定!街区内で先陣を切る!?

2022年3月14日
こべるん ~変化していく神戸~
いよいよ2022年度に始動する雲井通5丁目市街地第一種再開発事業。都心の駅前に立地する約0.8ヘクタールの敷地に存在する再開発ビルや公共 …
雲井通5・6丁目再開発

神戸三宮雲井通5丁目第一種市街地再開発事業 サンパル内のテナント移転が開始されている 解体は来夏頃から開始か

2021年9月1日
こべるん ~変化していく神戸~
既に今年3月に施行認可が下りている神戸三宮雲井通5丁目地区第一種市街地再開発事業。中央区総合庁舎、勤労会館、東横イン、そして再開発ビルの …

POSTED COMMENT

  1. hk より:

    建築面積がそこそこあるのに上を後退させてオフィス部分のワンフロアが小さくなるのは勿体ない気もしますね
    駅前の一等地なだけに

  2. しん@こべるん より:

    hkさん
    ここでも神戸市の景観条例が立ちはだかるのですが、高さ60mを越える建物の東西幅は40mに抑えられてしまうのです。。。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です