三宮バスターミナル計画

神戸三宮雲井通5丁目地区第一種市街地再開発事業 公開された図面から読み解くバスターミナルI期ビル その1(立面図・断面図)



街区内の既存建物解体を本格解体している神戸三宮雲井通5丁目再開発事業。事業を進める雲井通5丁目再開発会社がその概要を発表し、建物の詳細図面を公表しました(神戸の大学生さん、情報提供ありがとうございました)。なかなか興味深い資料の発表に、完成が更に楽しみになってきました。それでは早速、その内容を見ていきましょう。

立面図





南北東西各方向から眺めた立面図。採用される外装材の詳細も示されています。北面低層部は大部分をアルミキャストパネルで覆い、竹籠をイメージした外装となります。西面低層部は複雑な造形で、様々な外装材を採用。疑問なのは、雲井通6丁目のII期計画が考慮されていないのかと思う程、まるで完成形のような仕上げになる事です。およそ北側半分はII期ビルと接続して構造が一体化される計画です。高層部の大半はアルミカーテンウォールで占められます。カーテンウォールやアルミパネルの質感、色調によって建物の外観イメージが大きく左右されます。恐らく建設工事が開始された際には外装材モックアップが置かれると思います。



頂部の塔屋はアルミルーバーで覆われるようです。照明計画についても詳細判明が待ち遠しいですね。塔屋にライトアップが行われるのは間違いないのではないかと思います。

南面低層部の一部も竹籠デザインのアルミフレームに覆われています。東面低層部はほぼ壁です。寧ろこちらの方がII期計画との接合図のようです。同じく低層部にホールの入る神戸国際会館の東面と同様です。

断面図



西方向から見た断面図です。意外に低層部の公共施設空間が大きなウェイトを占めています。大ホール、多目的スペース以外の部分はどのように活用されるのでしょうか。



南方向から見た断面図です。図書館の位置は低層部最上部の蒲鉾型の屋根を持った部分に南北に細長く整備されます。屋上庭園や図書館、オフィス階へとアクセスする中間ロビーフロアの存在も気になるところです。またホテルのフロア構成も概要判明が待ち遠しい限りです。現在の所、客室階は28-30階の3フロアである事、最上部にインフィニティプールが備わる以外、その他の詳細は不明です。

次回は平面図を深読みしていきたいと思います。

関連記事
三宮バスターミナル計画

神戸三宮雲井通5丁目地区第一種市街地再開発事業 いよいよ始動に向けて開発準備を進行中

2022年5月28日
こべるん ~変化していく神戸~
超高層複合ビルとなるバスターミナルI期ビルを建設する予定の雲井通5丁目再開発地区。いよいよ始動に向けて街区内の既存建物の解体を開始す …
三宮バスターミナル計画

神戸三宮雲井通5丁目地区第一種市街地再開発事業 サンパルの解体工事を開始!最大級のプロジェクトが動き出した

2022年6月7日
こべるん ~変化していく神戸~
先週、とうとう計画概要や完成イメージが発表された神戸三宮雲井通5丁目地区第一種市街地再開発事業。通称「バスターミナルI期ビル」は地上 …
三宮バスターミナル計画

雲井通5丁目再開発計画 中央区役所敷地内で地質ボーリング調査を目撃! バスターミナルI期ビルの設計が進む?

2020年6月9日
こべるん ~変化していく神戸~
3月末に国土交通省と神戸市が「国道2号線等 神戸三宮駅前空間の事業計画」についてとりまとめが発表され、雲井通5丁目、6丁目で計画され …
三宮バスターミナル計画

神戸三宮雲井通5丁目第一種市街地再開発事業 サンパルの解体は5月以降に着手予定!街区内で先陣を切る!?

2022年3月14日
こべるん ~変化していく神戸~
いよいよ2022年度に始動する雲井通5丁目市街地第一種再開発事業。都心の駅前に立地する約0.8ヘクタールの敷地に存在する再開発ビルや公共 …
三宮バスターミナル計画

神戸三宮雲井通5丁目地区第一種市街地再開発事業 開発街区内建物全てが足場・防音パネルに覆われ始める 来夏の着工に向けて本格解体へ

2022年11月23日
こべるん ~変化していく神戸~
先週には雲井通5丁目再開発株式会社より概要と図面の発表が行われた雲井通5丁目再開発のバスターミナルI期ビル。今年5月よりサンパルの閉 …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です