雲井通5・6丁目再開発

神戸三宮雲井通5丁目地区第一種市街地再開発事業 開発街区全体の解体が遂に開始される!



街区内の建物の本格解体が進む雲井通5丁目再開発プロジェクト。駅前立地の敷地面積1.3ヘクタールを駆使して、バスターミナル、文化ホール、オフィス、ホテル、商業施設、図書館が集う官民連携の複合ビル開発が進みます。

プロジェクト概要

神戸三宮雲井通5丁目地区第一種市街地再開発事業



事業名称 神戸三宮雲井通5丁目地区第一種市街地再開発事業
施行者 雲井通5丁目再開発株式会社
施行区域 兵庫県神戸市中央区雲井通四丁目345番の一部,346番,347番の一部,同五丁目301番, 302番,303番,317番,318番,319番,320番の一部
区域面積 約1.3ヘクタール
敷地面積 約8,230㎡
延床面積 約98,570㎡
建物構造 鉄骨造 鉄骨鉄筋コンクリート造
階数/高さ 地下2階 地上32階 塔屋2階/約163m
主要用途 商業施設、バスターミナル施設、公益施設、業務施設、宿泊施設 公共施設
設計 大林組 三菱地所設計 坂茂建築設計 東畑建築事務所
施工 大林組

解体着手 2022年6月
完成予定 2027年頃

市道葺合南146号線を幅員18mに道路拡幅





バスターミナル

bustabuild05.jpg

bustabuild08.jpg

バーティカル・パッサージュ

bustabuild07.jpg

三宮図書館

bustabuild06.jpg

屋上庭園



EVOL HOTEL KOBE





屋外歩廊空間











現在の様子



最も解体工事が先行しているサンパルはとうとう基壇部の路面店舗部分も足場と防音パネルに覆われました。1年後にはあじさい通りから、中央幹線のラウンドワンが見えるようになる予定です。



仮囲いには開発されるビルの構成を解説するグラフィックが掲示されました。非常に多機能な複合ビルとして、多くの人々が集い、利用する施設となります。類似機能を有する施設としては商業施設、文化ホール、オフィスによって構成される神戸国際会館がありますが、これを遥かに上回る規模がこの雲井通5丁目の再開発ビルです。



「建築計画のお知らせ」ではなく、「景観影響建築行為に係る住民説明会のお知らせ」が掲示されました。真新しい情報は殆どありませんが、着工として位置づけられるタイミングは来年7月、完了は27年12月を予定しています。



大きなパースで見てみると、最上層部のホテル部分の様子がよく分かります。南東角の24-25階に渡った2層吹き抜け部分が恐らくレセプションロビーでしょう。26-27階には緑化された屋外テラス空間が設けられるようです。客室は28-30階の3フロア。ホテルの床面積は客室よりも共用施設部分の方が大きいと思われます。



旭通4丁目再開発では解決出来なかったこの蜘蛛の巣電線は、今回の再開発では地中化を必須として欲しいと思います。



街区を囲む仮囲いですが、遂に街区全体一周を達成しました!



8月末まで営業を続けていた東横INNもとうとう仮囲いの内部に収まりました。今後、他施設と同様に足場に覆われて解体が開始されます。



解体規模としては、神戸の都心部においても過去最大級の解体工事である事は間違いないかと思います。



まだ時期尚早かとは思いますが、この建物の施設名はどうなるのでしょうか。JR新駅ビルと双頭となる三宮のランドマークとなるので、これに相応しい名称が必要です。

横文字の名称に「神戸三宮」が付くというのはありきたりでしょうか。様々な交流が生まれる場所になるので、交流を表す「インターアクティブ(Interactive)」を使用した名称が良いのではないかと思いますが、ちょっと長いでしょうか。



この一帯が美しく開発されると、やはりあじさい通りやその北側の雑居ビル群との調和が課題にとなります。必然的に再開発の機運が生まれてくる事に期待したいと思います。恐らく街の在り方が変わると、変化の流れに抗う事は難しくなると思われます。この再開発はそれだけのインパクトを擁していると言えます。
関連記事
雲井通5・6丁目再開発

神戸三宮駅前空間整備事業計画検討会第2回会合で判明したバスターミナル検討案についての一部詳細

2020年1月4日
こべるん ~変化していく神戸~
国土交通省近畿事務局と神戸市は国道2号線を含む三ノ宮駅前交差点エリアの再整備構想(三宮クロススクエア構想)と雲井通5・6丁目に計画するバスタ …
雲井通5・6丁目再開発

神戸三宮雲井通5丁目地区第一種市街地再開発事業 公開された図面から読み解くバスターミナルI期ビル その2(平面図)

2022年11月15日
こべるん ~変化していく神戸~
雲井通5丁目再開発株式会社が発表したバスターミナルI期ビルの概要に示された図面に基づく深読みその2は平面図です。立面図や断面図では分 …
雲井通5・6丁目再開発

神戸三宮雲井通5丁目地区第一種市街地再開発事業 残る工期3ヶ月で既存建物消滅のカウントダウン開始

2023年4月13日
こべるん ~変化していく神戸~
7月からビル本体の建設工事に着手する為、解体工事は残り3ヶ月となった雲井通5丁目再開発プロジェクト。最後に解体を開始した旧中央区総合庁舎 …
雲井通5・6丁目再開発

雲井通5丁目再開発計画 中央区役所敷地内で地質ボーリング調査を目撃! バスターミナルI期ビルの設計が進む?

2020年6月9日
こべるん ~変化していく神戸~
3月末に国土交通省と神戸市が「国道2号線等 神戸三宮駅前空間の事業計画」についてとりまとめが発表され、雲井通5丁目、6丁目で計画され …
雲井通5・6丁目再開発

神戸三宮雲井通5丁目地区第一種市街地再開発事業 サンパルに続いて勤労会館の解体撤去工事にも着手 東横INN閉館を待って街区全体の解体開始

2022年8月25日
こべるん ~変化していく神戸~
大林組の施工により、サンパルの本格的な解体が開始されている雲井通5丁目の大規模再開発プロジェクト。地上32階・高さ164mの超高層複 …
雲井通5・6丁目再開発

雲井通6丁目再開発プロジェクト始動に向けて準備組合設立 事業協力者の決定を行う公募・選定プロセスも月内開始

2023年7月8日
こべるん ~変化していく神戸~
神戸市は雲井通5・6丁目で計画しているバスターミナルツインビルについて、いよいよ今月に本格なビル建設工事に着手予定のI期ビルに続き、 …
雲井通5・6丁目再開発

神戸三宮雲井通5丁目地区第一種市街地再開発事業 サンパルの解体工事を開始!最大級のプロジェクトが動き出した

2022年6月7日
こべるん ~変化していく神戸~
先週、とうとう計画概要や完成イメージが発表された神戸三宮雲井通5丁目地区第一種市街地再開発事業。通称「バスターミナルI期ビル」は地上 …
雲井通5・6丁目再開発

神戸三宮雲井通5丁目地区第一種市街地再開発事業 街区の完全更地化はもう目前 この再開発によって都心軸は東へと移動するのか

2023年6月5日
こべるん ~変化していく神戸~
今夏7月より再開発ビル本体の建築工事を開始予定の雲井通5丁目再開発。約1ヘクタールの開発用地誕生まで秒読みに入りました。  …

POSTED COMMENT

  1. kkbb より:

    他の都市なら様々な理由で最高高さ制限があってもその制限いっぱいに建築許可されるのに、神戸だけは1mでも2mでも下げさせようとする。この異常な建物高さアレルギーは一体何なんでしょう?
    以前にsirokumaさんが発言されたように容積率も緩和1200%で、この規模の都市再開発案件なら国交省には1600%でも認められるはず。
    何度も言いますが景観条例には適用除外があるので、わたしにはこの些細な事ではあるでしょうが神戸市のこの拘りが異常な粘着性を表しており、不気味というか異常な気質に感じます。

    明石市長が引退しますが、神戸市長も早目の引退をお願いしたいです。(笑)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です