雲井通5・6丁目再開発

神戸三宮雲井通5丁目地区第一種市街地再開発事業 残る工期3ヶ月で既存建物消滅のカウントダウン開始

7月からビル本体の建設工事に着手する為、解体工事は残り3ヶ月となった雲井通5丁目再開発プロジェクト。最後に解体を開始した旧中央区総合庁舎以外の街区内の建物は消滅へのカウントダウンが始まっています。



仮囲いの外からだと、見方によってはもう既に庁舎以外は更地になっているようにも見えます。



真っ先に解体が完了した勤労会館跡地には、建設現場事務所が完成しました。この位置に事務所を構えたという事は、ビル本体工事は敷地北側から進められるという事になるのでしょうか。



勤労会館やサンパルの西側が撤去されただけでも中央幹線に対してこれだけの開放感が生まれました。期間限定の光景です。



東横INNは残りあと5階分の躯体が残っています。



ただ裏側から見ると、その躯体はもうごく一部のみになっていました。今月中には地上部の撤去は完了する事になるかと思います。



サンパルについても、セットバックした高層階の撤去はまもなく完了し、店舗区画だった基壇部の解体に移行する事になります。



3階までのみになったサンパル。柱の鉄骨が剥き出しになっています。



あじさい通りから中央幹線の建物が見えるようになるまでもうまもなくです。



仮囲いに雲井通5丁目バスターミナルI期ビルの完成予想イメージが掲示されました。



このサイズで掲示されると迫力があります。あじさい通りはこのビルの完成後、どう変わっていくのでしょうか。パースのように今の車道・歩道を分けた形でなく、既に歩行者専用道路になっているので、プロムナード化すべきかと思います。



雲井通6丁目のII期ビルについては、まだ現状のところ検討状況については明らかにらなっていません。雲井通5丁目は着工の3年間前に参画する民間事業者の公募を行いました。6丁目を27年着工と想定すると、来年には事業者を募る事になるタイムスケジュールであり、建物の概要はもう固めていく必要にある時期と言えます。ただ6丁目は市の管理する公共施設は無く、バスターミナル、商業施設に加えて、ビルの高層部にどのような機能を入れるのかが焦点になってくるかと思います。
関連記事
雲井通5・6丁目再開発

神戸三宮雲井通5丁目地区第一種市街地再開発事業 勤労会館は完全消滅 サンパルや東横INNも半分の規模に縮小

2023年3月18日
こべるん ~変化していく神戸~
サンパルを皮切りに街区内の既存建物解体撤去が開始されてから約10ヶ月が経過した神戸三宮雲井通5丁目地区第一種市街地再開発事業の事業地 …
雲井通5・6丁目再開発

神戸三宮雲井通5丁目地区第一種市街地再開発事業の権利変換計画認可と計画概要を公式発表! 次世代のランドマークタワー誕生!

2022年6月4日
こべるん ~変化していく神戸~
一昨晩、神戸新聞が単独でスクープ記事を掲載し、神戸三宮雲井通5丁目地区第一種市街地再開発事業のイメージパース数点が公表されていました …
雲井通5・6丁目再開発

三宮駅周辺の中・長距離バス乗降場の集約にかかる基本計画アドバイザー募集の結果公表

2017年3月29日
こべるん ~変化していく神戸~
神戸市が雲井通5-6丁目で計画しているバスターミナルを併設した再開発ビルプロジェクトに関し、昨年より基本計画策定未に向けて民間アドバイザーを …
雲井通5・6丁目再開発

神戸三宮雲井通5丁目地区第一種市街地再開発事業 街区内建物の解体はいよいよ大詰めに入る 新バスターミナルと既存バスターミナルの運用について考える

2023年5月22日
こべるん ~変化していく神戸~
最終的には関西エリア最大級のバスターミナルへと成長する計画を有する雲井通5・6丁目の再開発事業。I期計画である5丁目街区内の既存建物 …
雲井通5・6丁目再開発

今年5月にバスターミナルビルの再開発会社設立

2018年2月10日
こべるん ~変化していく神戸~
今年の5月にバスターミナルI期ビルの事業者となる再開発会社を設立する方針を神戸市が固めたと神戸新聞が報じました。株式会社で株式の半分を神戸市、神戸すまいづくり公社が15%、兵庫県が …
雲井通5・6丁目再開発

神戸三宮雲井通5丁目地区第一種市街地再開発事業にかかる民間参画事業者グループの優先交渉権者は既定路線通り三菱地所や大林組等に決定

2020年11月8日
こべるん ~変化していく神戸~
神戸市は雲井通5丁目再開発事業の特定事業参加者の優先交渉権者に三菱地所、神興不動産、三菱倉庫を、特定業務代行者には大林組を選定した事を発表 …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です