ポートタワーリニューアル

神戸ポートタワーのリニューアルオープンに向けてタワー周辺の緑地化整備が進行中



4月26日にリニューアルオープンが確定している神戸ポートタワー。既に昨年末よりライトアップも再開しており、中突堤にシンボルが戻ってきた雰囲気が満載です。



更には改修工事開始時からタワーの周りにあった仮囲いがとうとう撤去されて、足元周りが非常にスッキリとしました。



仮囲いの撤去に合わせて、タワー周辺の舗装ブロックの刷新も行われており、これまで以上に開放感のある広場として再整備が進められています。



再整備はタワーの南側だけでなく、北側についても進行中です。



タワーの北側にはこれまで中突堤中央ビルが存在しましたが、南館の解体が完了し、更地になっています。

この更地については、当面は緑地化される事によって、タワー周辺で開催されるイベント広場としての暫定機能を付与される事になります。



タワーの低層部に出店を予定しているBEAMS JAPANが、ポートタワーの60周年を記念してメリケンパークにて、3月中旬にフードフェスの開催をプロデュースする計画です。



それまでにこの緑地の整備が間に合えば、ポートタワー周辺もリニューアルオープン前の前哨戦として、新たな役割を担える事を証明できるでしょう。



タワー周辺でイベントが開催される際のイメージです。タワーの運営を担うフェリシモやBEAMS JAPANが定期的にイベントを開催し、メリケンパークとの連動も行えると、ますます盛り上がりを見せるでしょう。



中突堤中央ビルの北館は南館との接合部が塞がれました。軒上に小さな緑化を施しています。ただ北館の解体もそう遠くない将来に計画されているようです。



ポートタワー周辺の再整備は、南側にある駐車場も含めて順次進められていく構想が練られているようです。



イメージでは、緑の溢れるウォーターフロントの緑地空間へと生まれ変わり、歩行者空間も拡大して、ほぼメリケンパークと一体化するように描かれています。是非とも実現させて欲しいと思います。



中突堤中央ビル跡他の再開発は無理に進める必要はないというのが私個人の持論です。ポートタワーの北側に近接し、南北に長い敷地の為、使い勝手が難しい土地です。中突堤中央ビル跡地は敢えて駐車場でも構わないので、より効果的な開発を目指すには中突堤中央ターミナル「かもめりあ」とその北側のロータリーを含めた土地を一体的に再開発すべきかと思います。
関連記事
ポートタワーリニューアル

中突堤中央ビル南館解体及び跡地暫定広場完成 今週の神戸ポートタワー開業に備える 中突堤中央ビル跡地開発の提案

2024年4月24日
こべるん ~変化していく神戸~
解体が完了した中突堤中央ビル南館は、残る北館の解体が終わるまでは暫定的に広場として活用される事になっており、整備工事が進められていま …
ポートタワーリニューアル

中突堤中央ビルの建替とポートタワー民営化活性方法についてサウンディング型市場調査を実施

2019年9月27日
こべるん ~変化していく神戸~
神戸市は今年度中の民営化を計画していた神戸ポートタワーと建替を前提とし、タワーとの連携を検討する中突堤の再整備事業において、民間事業者か …
ポートタワーリニューアル

神戸ポートタワー耐震補強他改修工事 外構リニューアルも含めた全面改修 2023年6月30日竣工予定

2021年7月1日
こべるん ~変化していく神戸~
いよいよ大規模リニューアル工事に際した閉館が3ヶ月を切った神戸港のシンボルである神戸ポートタワー。緊急事態宣言下の臨時休館を経て、最 …
ポートタワーリニューアル

神戸ポートタワー 開業60周年の2023年にリニューアル 屋外テラス整備を中心に改修を実施

2020年12月11日
こべるん ~変化していく神戸~
神戸市はウォーターフロントの再整備計画に関する記者発表を実施しました。その中でも目玉となったのが、神戸ポートタワーのリニューアル計画 …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です