こべるん ~変化していく神戸~
相鉄フレッサイン神戸三宮

相鉄フレッサイン神戸三宮新築工事 足場が撤去されて西側の外観が現る!


旭通5丁目で建設中の相模鉄道が計画するビジネスホテル「相鉄フレッサイン神戸三宮」。当初は来秋の開業予定でしたが、計画を半年前倒しして、来春のオープンを目指しています。

名称 相鉄フレッサイン神戸三宮
所在地 神戸市中央区旭通5-325-1
規模 地上14階 地下1階
敷地面積 895.73㎡
建築面積 543.40㎡
延床面積 5345.60㎡
高さ
構造 鉄骨造
用途 ホテル(271室)
設計 大和ハウス工業
施工 大和ハウス工業
事業主 相鉄ホテル開発
完成予定 2019年4月

開業まで約4ヶ月と迫り、いよいよ外観の完成が近づいています。西側を覆っていた足場や養生ネットが遂に取り払われました!


こちらが計画始動時に公開されていた完成予想パースですが、シンプル過ぎて正直、あまり期待できないデザインだと思っていました。しかし実際の建物はディテールに変更が加えられ、かなり良くなりました。垂直方向にアースカラーのマリオンが入ったり、頂部にアクセントカラーを採用し、メリハリが付きました。


さりげなく「FRESA INN」のロゴも入りました。夜間には点灯させて文字が浮かび上がる照明演出が施されるものと思われます。


仮囲いにはホテルの宣伝シートが貼られました。


271室と結構大きな規模のホテルです。この規模の大きなホテルの外観デザインがあまり良くない事に実は危惧していました。


何故なら駅前からも非常によく目立つ位置にこの建物が立地しているからです。将来的に新東口改札が開設され、駅前広場が新設された際にはこの建物が広場に面して立つ可能性もあります。


バスターミナルビルが建てば、超高層ビルの狭間で西側からはあまり目立たなくなるかもしれませんが。


おまけですが、近隣のシティタワープラザ横で建設されている鉄筋コンクリート造のビルが予想に反して成長を続けています。躯体工事は4階に取り掛かろうとしている様子でした。2階程度だろうと思っていましたが、どこまで伸びるか成長を見守りたいと思います。

関連記事

POSTED COMMENT

  1. hk より:

    なかなかの迫力ですね
    後は手前のセブンイレブンとラーメン屋が何とかなればいいんですが
    あれは流石に酷すぎます
    セブンイレブンに関しては屋上に広告も取り付けられずサビサビの骨組みがむき出しですしまるで廃ビルのよう
    あそこは今後三宮の顔と言っても過言ではないエリアになるので一帯的な建て替えでクレフィーのようなガラスをふんだんに使ったおしゃれな外観の建物で景観を引き締めてほしいです

  2. オーク より:

    駐車場跡地のビルは7階建てマンションになります。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。