市庁舎建て替え計画

特報!(仮称)神戸市役所本庁舎2号館再整備事業の超高層複合ビルはその規模を拡大か!?



神戸本庁舎市役所2号館跡地で計画されている超高層複合ビルプロジェクトですが、オリックス不動産を代表とする企業コンソーシアムが提案した事業プランでは、地上24階 地下2階 延床面積約73,000平方メートル 高さ125mの規模となる市庁舎、商業施設、オフィス、ホテルから構成されるビルが示されていました。



しかしながら来月中旬に予定されている説明会及び図書縦覧で示された建物概要は以下です。

 


所在地: 神戸市中央区加納町6丁目5番1号
敷地面積: 約9,500m²
建築面積: 約4,350m²
延床面積: 約77,000m²
規模: 地上28階 地下2階
高さ: 140.0m
構造: 鉄骨造、鉄筋コンクリート造、鉄骨鉄筋コンクリート造

高さが15mアップし、階数も4フロア増えている他、延床面積においては、4,000平方メートルも増えています!



この規模拡大により、南側の本庁舎1号館よりも高い建物になります。デザイン面でも何らかの変更がもたらされるのでしょうか。

高層階に誘致される外資系五つ星高級ホテルのブランドについてもまだ明らかにされていません。非常に気になる今回の規模拡大ですが、今後、詳細が明らかになるものと思われます。続報に期待大です。
関連記事
市庁舎建て替え計画

神戸市役所本庁舎2号館の地上躯体解体工事が大幅に進捗・新中央区総合庁舎の鉄骨建方も大きく進む 集客機能成否は事業者のアイディアに左右される

2021年9月22日
こべるん ~変化していく神戸~
今秋から敷地南側でまず連絡ロビー・エネルギー施設の建設工事が開始される予定の他、来春には敷地全体の開発事業予定者が決定し、建設される建物 …
市庁舎建て替え計画

市庁舎建て替え計画 (仮称)連絡ロビー・エネルギー施設他建設工事 杭工事が進行中 丸五基礎工業の独断場

2022年6月26日
こべるん ~変化していく神戸~
本格着工している市庁舎2号館跡の連絡ロビー・エネルギー施設。間もなく開館する向かいの新中央区総合庁舎・文化センターと合わせて、庁舎シ …
市庁舎建て替え計画

神戸市役所本庁舎2号館の地上躯体解体工事 既存建物の地上部分がほぼ消滅 年明けよりいよいよ再開発始動

2021年11月2日
こべるん ~変化していく神戸~
明和工務店が施工している神戸市役所本庁舎2号館の解体撤去工事。昨年12月から準備に着手し、10ヵ月を掛けて既存建物の地上部分の解体が …
市庁舎建て替え計画

市庁舎建て替え計画 (仮称)連絡ロビー・エネルギー施設他建設工事 躯体構築工事が進行 エネルギー施設部分に移行

2023年9月8日
こべるん ~変化していく神戸~
神戸市役所本庁舎2号館跡地の敷地南側で建設の進む(仮称)連絡ロビー・エネルギー施設。躯体工事が進捗し、建物の高さを増しています。  …
市庁舎建て替え計画

市庁舎建て替え計画 (仮称)連絡ロビー・エネルギー施設他建設工事 市庁舎シティの拡大が進行中 再整備後には1号館は最も古い庁舎に

2023年11月17日
こべるん ~変化していく神戸~
神戸市役所本庁舎2号館跡地の敷地南側で建設の進む(仮称)連絡ロビー・エネルギー施設。鉄筋コンクリート造の躯体構築が進行していますが、 …
市庁舎建て替え計画

神戸市役所本庁舎2号館再整備計画 神戸市・オリックス不動産他企業グループが公式プレスリリースを発表 施設開業は2029年を予定

2022年9月1日
こべるん ~変化していく神戸~
昨日、神戸新聞の報道によって神戸市役所本庁舎2号館跡地に計画されている新庁舎と集客施設で構成される新2号館についての開発概要や事業者がオ …

POSTED COMMENT

  1. kobekko より:

    全くの思い付きですが(汗)、
    兵庫県の斎藤知事が、現在の県庁本庁舎を解体した後は新しい庁舎は建てずに既存施設を最大限活用という方針を示しているので、増えたフロア分(←既存じゃないですが)は兵庫県庁の移転先の一つとして利用されたりして…???

    都市開発なんかは市と県でもっと協調してやっていくべきだと思いますし(阪神間の自治体は正直なところ大阪[府][市]の方しか見ていないでしょう?)、都市計画課が同じ庁舎に入れば意外な効果が生まれるかもしれません(過大な期待かもしれませんがw)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です