市庁舎建て替え計画

市庁舎建て替え計画 (仮称)新中央区総合庁舎他建設工事 遂にタワークレーン1号機が登場!今後の成長が楽しみなプロジェクト

来夏の完成を目指して建設中の新中央区総合庁舎。地上階の鉄骨躯体工事が開始されており、タワークレーンの出現を今か今かと待ち侘びていましたが、とうとうその時がやってきました!

 

プロジェクト概要

(仮称)新中央区総合庁舎建設工事



所在地 神戸市中央区江戸町97-1ほか
事業者 神戸市行財政局
敷地面積 3,597.22㎡
建築面積 1,880.71㎡
延床面積 19,341.98㎡
階数 地上13階 地下1階
用途 事務所、集会場、駐車場
建物⾼さ 52.78m
構造 鉄骨造、一部鉄筋コンクリート造、鉄骨鉄筋コンクリート造
設計者 日本設計/神戸市建築住宅局
施工者 大林組・神鋼興産建設JV
竣工予定 2022年6月30日

旧居留地の街並みに調和するデザイン
建物低層部は、歩道と一体となった歩廊状のオープンスペースや1階ロビーの様子が見渡せるガラス張りの大開口、石貼り風の外壁仕上げなどにより、旧居留地の街並みに調和する開放的で上質なデザイン。

水平性を強調した落ち着きのあるデザイン
中高層部は、外部吹抜と重層したデッキにより、日射負荷の軽減と内部からの眺望を両立させた、水平性を強調した落ち着きのあるデザインとし、向かい側の市役所1号館との色彩的な調和にも配慮。

自然の潤いや温かみを感じられるデザイン
デッキの軒裏には木材を使用し、低層部の軒先や屋上では緑化を行うなど、都心のオフィス街で自然の潤いや温かみを感じられるデザイン。





建設状況の様子



鉄骨と鉄筋が張り巡らされていた地下から地上1階の床はコンクリートが打設されて、一部を除いてフラットになりました。それでも尚、まだ乗入構台が残っており、この上でタワークレーンの組み立て作業を準備しています。



敷地の南側で組み立て中のタワークレーン1号機です。マストがパッションオレンジ色に塗装されています。大林組の保有するタワークレーンの特徴です。



クレーンのジブが準備されています。この取付で1号機が完成します。タワークレーンが稼働し始めれば、ラフテレーンクレーンは不要となりますので、乗入構台も解体されるでしょう。



敷地の北側にタワークレーン2号機を設置する為のベース架台の基礎が構築されています。



設置中の1号機が図面上の左、これから設置される2号機が右です。1号機の方が大型です。



タワークレーンの設置が終われば、地上階の鉄骨建方がどんどん進む事でしょう。三宮中央通りで建設されている2棟の新築ビルはそれぞれタワークレーン1基で建築されていますが、この建物は2基でのクレーンが稼働します。隣の2号館の解体も本格化しました。中央区総合庁舎の鉄骨建方が進むと共に2号館は縮小していきます。

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です