市庁舎建て替え計画

市庁舎建て替え計画 (仮称)新中央区総合庁舎他建設工事 乗入構台を拡大して基礎から躯体構築に移行中



まだまだ地上からだと仮囲いの内部ではどのような工事が行われているのか全く分からない新中央区総合庁舎の建設工事。



内部ではこんなにも大規模な工事が進行しています。乗入構台が北側に張り出して拡大されました。



この建物は地下階があるので大きく地中に掘削されおり、地下階の床にはコンクリートが打設されています。



そしてその床の上に鉄筋が組まれて壁や柱の構築が開始されました。



鉄骨の柱の足元は頑強な鉄筋コンクリートで補強されてSRC構造となっています。



これらの工事が完了すると、いよいよタワークレーン2機が投入される鉄骨建方が始まるものと思われます。


この建物の完成は雲井通5丁目再開発のスタートを意味しており、遅れている三宮の南側の開発が動き出す狼煙となります。三宮東エリアが変わり始めると必然的に都心他エリアにも再開発の必然性が波及し始めるはずです。


あわせて読みたい
神戸市役所本庁舎3号館解体他工事 新中央区総合庁舎概要発表と施工者一般競争入札広告 本格的な解体工事に着手した神戸市役所本庁舎3号館。垂水区の中田工務店が解体作業をっ進めています。仮設工事が本格化し、建物全体が足...
関連記事
市庁舎建て替え計画

(仮称)連絡ロビー・エネルギー施設他建設工事の入札広告 図面から読み解く連絡ロビーエリアの様子やデザイン

2021年7月13日
こべるん ~変化していく神戸~
今秋に予定されている神戸市役所本庁舎2号館が解体工事の直後に跡地南端で建設開始が計画されている(仮称)連絡ロビー・エネルギー施設他建 …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です