新港突堤西地区再開発

三宮新港町計画B街区 フェリシモ本社ビル・オフィス棟の鉄骨建方は最終工程へ



順調に鉄骨工事が進む三宮新港町計画B街区のオフィスビルとなるフェリシモ本社ビル。すっかり正方形の躯体が立ち上がっています。



タワークレーン1機を頂部に抱え、最上階周りの鉄骨建方を行っています。8階は下層階と異なり、セットバックした上でフレーム状の屋根に覆われます。

 



上部のアップです。鉄骨の柱の色が異なります。軽量鉄骨を使用して下層階とは異なる構造が築かれています。



側面部は完了しているようです。北側の頂部にはまだ鉄骨の梁も柱もありません。



オフィス棟の南側では店舗棟の基礎工事が行われていますが、それとは異なる鉄骨の構造物の構築が始まっています。



フェリシモ本社と文化施設棟の間に整備される歩行者デッキかと思われます。施設周りのインフラ関連の工事も始まっているようです。



どの工区よりも先行して工事の進むフェリシモ本社ビル。しかし完成は駐車場棟に先を越される予定です。残る工期は半年を切りました。



三宮新港町計画の東側に隣接している新港第1突堤の基部ではラスイートが新たな計画を予定しており、先日まで温泉採掘を行っていました。現在は設備は撤去されています。



代わりに採掘を行なっていた場所には仮設の保護パネルとプレハブ事務所が置かれています。温泉が湧き出たのではないかと思われます。



作業は終わりましたが、駐車場の北端部は閉鎖されたままです。このまま新たな温浴宿泊施設の建設を開始するのでしょうか。蓮のキャパシティを上げる為の開発か、それとも小学生以下の利用は認めない大人向けの蓮に対して、ファミリー層をターゲットにした新施設か。新港町計画と相乗集客効果を期待したいところです。



2棟のオフィスビルの鉄骨が目立っています。



新しいウォーターフロント地区が誕生中です。倉庫街が新しい街へと生まれ変わっている途上です。

関連記事
新港突堤西地区再開発

三宮新港町計画 ベイシティタワーズ神戸WEST & EAST WESTの低層部・外構整備開始 EASTは地下躯体構築中

2022年8月10日
こべるん ~変化していく神戸~
竣工まで残り約4ヶ月に迫った新港町のツインタワーマンションの西棟であるベイシティタワーズ神戸WEST。低層部以外の外観は完成しており …
ライトアップタワーズ

神戸ポートミュージアムを中心とした新港町エリアの夜景は神戸ウォーターフロントの新しい観光資源となる事間違い無し!

2021年11月26日
こべるん ~変化していく神戸~
神戸ポートミュージアムが開業し、すっかり賑やかになった新港町エリア。開業済みの各施設は夜になると、それぞれが独自の照明演出を駆使して …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です