旧そごう・神戸阪急

葺合南37号線KOBEパークレット設置工事が計画される ブルーボトルコーヒー前ににぎわい空間が7月に出現予定



神戸市とエイチ・ツー・オーリテイリングは三宮の活性化を目的とした包括連携協定を昨年7月に締結し、今後、神戸阪急周辺の再整備を進めていく事に合意していました。その一環として、本館と新館の間を貫く葺合南37号線にパークレットを設置する計画が進められています。



設置場所はブルーボトルコーヒー神戸阪急店前。化粧囲いを周囲に施し、内部にベンチとデッキを整備します。照明も設けて、昼夜を問わず、ブルーボトルコーヒーのデッキテラスのような使い方が想定されます。



現在、ブルーボトルコーヒー前にはベンチが置かれており、テイクアウトのドリンクを楽しめるようにはなっていますが、パークレットが設置されると、より快適な賑わい空間となるでしょう。



葺合南37号線は、神戸阪急のリニューアルと合わせて今後、賑わいを創出する空間としての活用が期待されています。昨年末には初めて通行止めによるイベントが開催されました。



パークレット設置を皮切りとして、神戸阪急とJR新駅ビルを接続する歩道橋を中心とした上質で明るい夜間景観の形成もまもなくの進行が計画されています。パークレットには緑化も施される為、殺風景だった葺合南37号線に潤いが与えられるでしょう。

関連記事
旧そごう・神戸阪急

エイチ・ツー・オー・リテイリングが神戸阪急本館のリモデルについて更なる追加発表 11-12月に1階の改装完了

2022年11月2日
こべるん ~変化していく神戸~
リモデル中の神戸阪急は新館の改装がほぼ完了し、既にリニューアル効果が売上に反映され始めているようです。引き続き本館のリニューアルを進 …
旧そごう・神戸阪急

私は予言者? そごう神戸店跡を取り巻く環境

2016年10月18日
こべるん ~変化していく神戸~
先週から続くそごう神戸店のH2Oリテイリングへの譲渡が報じられてから、一気に三宮再開発の熱気やボルテージが上がり始めました。建て替えが具体化すれば、駅周辺の波及効果を生み出し、今後 …
旧そごう・神戸阪急

神戸阪急建て替えは2040年が目途?三宮再開発の勢いを考慮すると、もっと早期の再開発着手が望ましい

2023年1月4日
こべるん ~変化していく神戸~
今秋までに80億円を投じた神戸阪急のリモデルが完了を迎えます。20年ぶりに実施された大改装によって再び都心ターミナル型百貨店としての装い …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です