三宮再整備

三宮再整備・東遊園地再整備工事 (その2) 完成期限は延長 12月の供用開始は可能になるか?



今月の完成予定で工事が進行していた日が遊園地の再整備。しかしながら進捗状況から11月の完成は厳しいと思われていましたが、やはり工期は延長され、残りの工事が継続されています。



しかしながら再整備エリアの骨格部分の形成は完成に近づいているようです。



見晴らしテラスへと続く木立の中の階段やカーブを描くスロープ等、これまで無かった美しい散策路が出来ています。



木々や植栽は鉢のような囲いが造られており、園内にこれまで以上のメリハリが出来つつあります。



ただその間の通路はまだ土のままです。舗装作業が始まるのはいつでしょうか。



植栽の中には照明も備わります。これまでの東遊園地は照明に雰囲気を感じられる事はありませんでしたが、リニューアル後には素晴らしい雰囲気に生まれ変わる事になるでしょう。



これまで以上に広場の面積が増え、開放感が高められている様子が伺えます。



集客拠点施設の裏側はメタセコイアの木々の多くを残しながら整備が進みます。しかしまだ全体像が想像できるまでには至っていません。



集客拠点に向かってアプローチが造られているようです。



アプローチに沿って照明ポールが並列していますが、何故かどれも斜めになっています。仮置きでこうなっているのか、敢えて斜めなのか。



集客拠点施設「アーバンピクニック」も完成が近づいています。ガラスサッシも入り、内装の仕上げも進められているようです。開業後の賑わう様子に期待が高まります。



しかし芝生広場周りは全く手が入る気配がありませんね。



トイレのみは予定通り月内には完成しそうです。



肝心の完成期限ですが、12月9日に再設定されました。しかしこの期限までも残り1ヶ月を切っています。



あと1ヶ月弱でラストスパートによって完成に漕ぎ着けられるでしょうか。クリスマスディナーを新レストランで楽しむ事は出来るでしょうか。

関連記事
三宮再整備

地下鉄西神・山手線三宮駅東コンコースデザイン改修工事設計業務は安井建築設計事務所・ISM末包伸吾建築研究室JVに決定

2021年9月19日
こべるん ~変化していく神戸~
神戸市は地下鉄西神・山手線三宮駅東コンコースデザイン改修工事設計業務を担う事業者決定のコンペを実施し、6グループからの提案の中から最 …

POSTED COMMENT

  1. 神戸の大学生 より:

    https://kumoi-redevelopment.jp/topicslist/541

    こちらの図面の解説をお願いします!笑

  2. sirokuma より:

    工事中だけど、117の集い等、メモリアル事業は従来の規模で行うとNHKで久元市長が発表していました。

    この記事では来春完成予定と書いてますね。
    全体工期を細かく期分けして発表しているのかもしれませんが、公表されている工期が大幅に狂い過ぎており事業の管理が雑過ぎると思います。
    https://www.kobe-np.co.jp/news/sougou/202211/0015791144.shtml

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です