三宮再整備

三宮交差点歩道橋エスカレーター設置の準備工事(地中埋設物移設工事)



神戸市は三宮交差点や三宮東交差点に架かる歩道橋にエスカレーターの設置を行い、デッキの活用を促進して横断歩道の通行量を減らす対策を講じる方針です。



神戸マルイ前では歩道橋設備を設置する為、地中埋設物の移設工事が進められました。



三宮交差点のマルイと交通センタービルを接続する横断歩道は非常に通行量の多い交差点ですが、デッキに流れる人は現状、数百分の一程度です。



エスカレーターを設置する事でデッキへの誘導はどれだけ成功するでしょうか。マルイ前の動線の整理も行わなければ、やはり横断歩道は流れる人の数は減らないでしょう。個人的には中央幹線を渡るには信号待ちが長いので、デッキへ上がる事もしばしばですが、階段の導入口の移設もセットで行う方が高い効果を得られるのではないかと思います。



三宮センター街入口のコクミンドラッグが閉店しました。



先月に竣工したばかりのM.H.ビルに再出店するのではないかと予想していますが、どうでしょうか。

関連記事
三宮再整備

三宮再整備・東遊園地再整備工事 (その1) 園内は一体化した巨大な造成地へ変貌 3月末までの工事完了は難しいと思われる?

2022年3月8日
こべるん ~変化していく神戸~
1月中旬からほぼ全面的に閉鎖に入って東遊園地は本格的な再整備工事が開始されてから、早4ヶ月が経過しました。予定では3月末の工事完了を …
三宮再整備

小野柄歩道橋エスカレーター設置工事 遂に着工 年度内の完成を目指す デッキネットワーク上の回遊性向上を狙う

2021年11月17日
こべるん ~変化していく神戸~
三宮東交差点上に架かる小野柄歩道橋はミント神戸から連絡する歩行者デッキです。この階段にエスカレーターを設置する構想が出てきてから早3 …

POSTED COMMENT

  1. kkbb より:

    このこべるんさんの舗道整備の1枚目のちょうど写真の中央に赤レンガが三層ほど見えるんですが、参加者一万六千人を数えるfacebook最大の神戸グループでは歴史的遺構が破壊されていると話題になりました。
    ほんのわずかのブロック積みで過去にあった舗道整備で隣のマンホールとの段差を詰めるために使っただけのレンガであることが分かるんですが、ここは阪神大水害があった時の河岸のレンガ遺構の名残じゃないかとか、米軍キャンプがあったのでその時のものじゃないかとか、投稿者、読者まとめてサヨク市民たちは行政の三宮再開発は歴史的遺構を大事にしないと大騒ぎです。

    常識があればすぐ分かると思いますが、某政党と同じでも頭が凝り固まってもう何も見えないんでしょう。
    呆れてものが言えません…。

  2. sirokuma より:

    遺構ですか…私などは、思い切ってさんちかの出入り口を潰して、分離されている歩道をフラットにして広げる方が、出入り口を残すよりもはるかに多くの人々の利益になると思います。そうすれば自然と階段利用や新設されるエスカレーター利用がメインのアクセス路になるでしょう。
    このような時を経て構造的な欠陥になってしまった施設を廃止したり取壊してより公共の利益となる形で再生させることが都心部や駅周辺の再整備には不可欠じゃないかと思います。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です