山からの眺望

ヴィーナステラス・ブリッジから眺めた神戸都心 2021年夏



昨夏以来、1年ぶりにヴィーナステラス・ブリッジを訪れました。昨年はまだ工事中の神戸三宮阪急ビルの様子の確認をメインとした訪問でした。



完成した新ランドマークの神戸三宮阪急ビルは南側に位置する神戸国際会館と色調や形状がよく似ています。もしJRの新駅ビルが着工すると、ミント神戸と神戸三宮阪急ビルの間に所狭しとノッポビルが聳える事になります。



更に来夏にはミント神戸とシティタワー神戸三宮の間に雲井通5丁目の再開発ビルが着工し、こよ隙間をツインタワーで埋める事になります。



シティタワー神戸三宮の背後には六甲アイランドや摩耶埠頭が広がります。海上に美しい斜張橋が出現するのは5年後くらいでしょうか。



センタープラザ西館の背後にダイワロイヤルが建設している三宮町のホテルプロジェクトが確認できます。



新港町の再開発エリアではベイシティタワーズ神戸WESTが頭を出し始めたところです。EASTはドコモビルの右側あたりに出現するでしょうか。



旧居留地のビル群と新港町のツインタワーがスカイラインとして繋がる事になりそうです。夜景にも厚みが出るでしょう。



ポートタワーの横に中突堤に停泊する帆船が良い感じです。



ブリッジ前の木立がだいぶと成長して、かなり視界を遮るようになってしました。伐採して欲しいと思います。



ヴィーナステラスの帰りに久しぶりに北野坂を南下しました。緑の並木の中央に鎮座するのは神戸三宮阪急ビル。



神戸の坂のある新たなハイカラ風景が完成しています。

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です