西神中央

リノベーション神戸・西神中央 「なでしこ芸術文化センター」竣工 10月1日の開館に向けて仕上げが進む 新歩道橋も竣工間近



いよいよ10月1日の開館まで2週間に迫った西神中央駅前の「なでしこ芸術文化センター」。建物は竣工しており、開館準備及び外構と新歩道橋の最終仕上げが行われています。秒読み段階に入った同施設。開館前の最後のレポートをお届けします。

プロジェクト概要

西神中央 文化・芸術ホール等 整備事業

所在地 神戸市西区美賀台1-1-1
事業者 鹿島リース
敷地面積 4,000.00㎡
建築面積 2,793.43㎡
延床面積 6,60.35㎡
階数 地上4階
用途 劇場 図書館
建物⾼さ 19.524m
構造 鉄筋コンクリート 一部鉄骨造
設計者 久米設計
施工者 鹿島建設
開館予定 2022年10月1日



交流モール



交流モール



図書館



図書館



文化ホール



夜景



建設状況の様子



西神センタービルとなでしこ芸術文化センターの2階部分を連絡する新歩道橋も完成間近です。歩道橋を覆っていた全ての仮設設備も撤去され、完成体の美しい歩行者デッキがお披露目されました。



歩道橋上の両側にガラス手摺を採用した新デッキ。なでしこ芸術センターと統一感のあるデザインでシンボル性の高さが特徴です。



なでしこ芸術文化センターの外部歩廊と直結しています。デッキ下にも大きな空間が設けられており、階段の後ろに広がる交流広場と一体化した開放的な歩行者空間が整備されました。



デッキの上にはキャノピー(屋根)が取り付けられており、雨や日差しを凌いで駅からの移動が可能です。



まだ西神センタービルとの接続部の工事が進行して立ち入りはできませんが、デッキ上の様子です。



歩行者デッキの供用開始もなでしこ芸術文化センターの開館日である10月1日でしょうか。



交流広場に連絡する階段です。



なでしこ芸術文化センター前の交流広場です。



なでしこ芸術文化センターの1階のガラスサッシはスライド式でフルオープンが出来るような仕組みになっています。アートスペースとして活用されます。また1階に出店するカフェですが、「元町ANCHORコーヒー」がプロデュースする予定です。テイクアウト専門ですが、館内でもドリンクを楽しめる事になります。



開館準備が進められており、西図書館の書棚に本が運び込まれています。



西神中央ホールは10月2日に予定されている「スーパーストリングスコーベ こけら落としコンサート」が完売しており、施設の注目度の高さが表れています。



変貌を続ける西神中央ですが、民間デベロッパーにはその変化はどう映っているでしょうか。駅周辺でマンション開発用地の確保や住宅開発、店舗の出店等を検討するようになり始めているのであれば、リノベーション神戸による市の施策が奏功している事になります。

関連記事
西神中央

西神中央 文化・芸術ホール等整備事業/(仮称)神戸市西区美賀多台1丁目計画新築工事(クレヴィアシティ西神中央) なでしこホールの外観完成間近!

2022年3月3日
こべるん ~変化していく神戸~
西神中央駅周辺で複数の都市再生プロジェクトが進行していますが、駅西側における中核プロジェクトが、文化・芸術ホール等整備事業・神戸市西 …
西区役所・文化施設

西神中央 文化・芸術ホール等整備事業 なでしこ文化・芸術センター 外構・歩道改良工事もほぼ完了 洗練空間が出現

2022年7月16日
こべるん ~変化していく神戸~
10月1日のオープンまで残り2.5ヶ月に迫ったなでしこ芸術文化センター。建物外観は完成を迎え、内装仕上げや先日既にお伝えしている建物2階 …
西神中央

西神中央百貨店ビルは「エキソアレ西神中央(仮称)」として来年4月に開業予定 双日が無印良品やニトリを誘致

2021年10月22日
こべるん ~変化していく神戸~
西神中央駅前に鎮座する旧そごう西神店跡の西神中央百貨店ビル。大手商社の双日が運営事業者となり、新たな商業施設としてリニューアルオープンを …
西神中央

西神中央プレンティ広場等リニューアル基本・詳細設計業務委託事業者を公募 来年度より再整備に着手

2020年7月28日
こべるん ~変化していく神戸~
神戸市は人口減少対策であるリノベーション神戸の主要プロジェクトとして拠点駅周辺の再整備を進めている中、西神中央駅は最重要拠点としての大型 …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です