ハーバーランド

ハーバーランド東(弁天)デッキ改良工事 2025年9月末の完成を目指す予定



ハーバーランドと元町エリアの回遊性向上を目的として、ハーバーロードと国道2号線交差点上のハーバーランド東ブリッジ(弁天町歩道橋)からumieノースモールの南側に掛けての約130mの区間に歩行者デッキを新設し、動線をスムーズに改造する計画がいよいよ始動します。

2gosen08.jpg

ハーバーランド東ブリッジは混雑する国道2号線-ハーバーランドの激しい出入を横断歩道等で更に悪化させないよう歩車分離を目的に架橋されました。しかし造りが中途半端な事は否めない状況でした。



新設される歩行者デッキの図面です。南北端に階段が設けられる他、umieノースモール2階にも接続します。



ノースモール2階の現在は窓になっている既存開口部の部分を改修して新たなエントランスが整備される予定です。



同時に弁天町交差点からumie立体駐車場までの区間の歩道の舗装も刷新される予定です。

工事の完成期限は2025年9月末とされています。年度内に着工したとしても、2〜1.5年の工期が費やされる予定です。

関連記事
ハーバーランド

神戸ハーバーランド開業30周年イベント「ハーバージャンボリー」開催 モザイク・高浜岸壁周辺のスペシャルイルミネーション

2022年10月3日
こべるん ~変化していく神戸~
開業から30年を迎えた神戸ハーバーランド。この30年は決して平坦な道のりではありませんでした。商業、業務、文化、居住等の複合機能を広大な …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です