三宮再整備

さんきたアモーレ広場改良工事 道路拡幅と合わせて再整備が進行中



来月(?)の完成に向けて工事が順調に進むさんきたアモーレ広場の再整備と周辺道路の改良プロジェクト。そろそろ広場の最終形について神戸市から何らかの発表を期待したいところですが、この広場改良工事の発注者が阪急電鉄というのも不思議な話です。広場の土地を保有しているのは阪急なのでしょうか。

プロジェクト概要

さんきたアモーレ広場改良工事

円や円盤をベンチや日除けとしたアート作品のような造形で洗練された空間を演出し、夜景の照明演出にも間接照明と反射盤によって広場を照らす効果を持たせる。

発注者 阪急電鉄
所在地 神戸市中央区加納町4-2
床面積 約1,000㎡
コンセプトデザイン 津川恵理氏作「Leave on Nature」
施工 森組
完成予定 2021年夏頃

再整備状況の様子



広場内はアスファルトで簡易に舗装されています。工場で製作された円盤ベンチやオブジェ等の設置がまもなく開始されるものと思われます。



その中央にはシートで養生されている広場名称の由来であるアモーレ像が静かに鎮座しています。



フラワーロードの歩道拡幅工事も車道だった部分に新たな側溝を設置して、歩道を拡大しつつあります。かつてはここに市バスのバス停があった頃の面影はもうありません。



現在はまだ窮屈な歩道ですが、工事が完了すると、拡幅された歩道と広場が一体化して大きな広場へと変化します。



フラワーロードの北側の歩道コーナー部も改良が入っています。



広場の北東角は歩道と一体化して大きく迫り出す形に変更されます。



北東角のエプロンです。



図面でもこの部分が大きく突き出しており、ここを起点に東と北に横断歩道が整備されます。



生田新道に面した歩道も拡幅されて広場と一体化させる工事が開始されました。

未だ近辺を歩いている人々からこの様変わりした三宮北側の様子に驚きの声が聞かれます。南側でも早くこうした声を聞きたいものですね。



おまけですが、神戸三宮阪急ビルのオフィスフロアの占有率が上がってきました。残るのは7、9、11、12階の4フロアですが、10階の一部と11階については既に上からシートが貼り付けられているので、テナントは決定しているようです。大手機械メーカーが入居するようです。
関連記事
三宮再整備

地下鉄西神・山手線三宮駅東コンコースデザイン改修工事設計業務は安井建築設計事務所・ISM末包伸吾建築研究室JVに決定

2021年9月19日
こべるん ~変化していく神戸~
神戸市は地下鉄西神・山手線三宮駅東コンコースデザイン改修工事設計業務を担う事業者決定のコンペを実施し、6グループからの提案の中から最 …
三宮再整備

三宮再整備・地下鉄三宮駅東コンコース 着工直前!工事開始前のビフォーを確認 既に店舗区画には仮囲い設置済み

2023年8月22日
こべるん ~変化していく神戸~
いよいよ今週木曜日から改修工事がスタートする地下鉄三宮駅の東コンコース。ビフォー・アフターをおさえる為に、本格的に工事が開始される前 …
三宮

サンセンタープラザの再開発裏側について文春オンラインで連載記事掲載 市長選2ヵ月前に出された記事は波紋を広げるか

2021年9月3日
こべるん ~変化していく神戸~
週刊誌の文春オンラインに三宮の中心に位置する大型商業施設「サンセンタープラザ」の再開発に向けた動きの裏側について取材をした記事を掲載 …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です