ライトアップタワーズ

こども本の森 神戸の夜景 大屋根・庇をライトアップ 地上レベルの夜景鑑賞促進を推進したい



今年4月に東遊園地の南側に開館したこども本の森 神戸。オープンからもう間も無く早半年を迎えますが、入館は予約制ながら、子供を持つファミリー層から人気を集める施設として定着しています。

今回は昼間のこども本の森とは全く雰囲気の異なる夜間の様子を取材してきました。

夜のこども本の森 神戸です。扇型の大屋根兼庇を色温度の低い暖色系の照明でライトアップしています。



図書館の開館時間であれば、カーテンウォールから館内の光も外部に漏れ出て、より華やかな雰囲気を漂わせている事でしょう。



図書館前のウッドデッキテラスには埋め込み式のバリードライトも設置されており、さり気ない照明演出で落ち着いた感もあります。



今週の記事でも取り上げた新中央区総合庁舎もそうですが、市は都心部の新しい建物には色温度の低い照明でライトアップを行う演出を率先しています。



こども本の森 神戸の北側にあるガーデンレストランの「ヴィラブランシュ」周りもシックな雰囲気が漂いますが、今後、税関前新歩道橋が完成すると、この周辺の様相もまた大きく変わる事になるのでしょう。



フラワーロードには光のミュージアムが設置されています。税関線のリニューアルによって、一層、美しい通りに生まれ変わる事が期待出来ます。



再開発・再整備が進行していき、照明演出を施した建物が増えています。夜景を観光資源として捉える方針を明確にした神戸市。ここに来て非常に積極的にライトアップを推進しており、公共施設、民間施設を問わず、夜の街が美しくなり始めています。歩いて回る夜景鑑賞をもっとアピールしていきたいものです。
関連記事
ライトアップタワーズ

リノベーション神戸・西神中央パークアベニューのライトアップ シンボルロードは美しい照明演出によってグレードアップ

2023年6月13日
こべるん ~変化していく神戸~
リニューアルの完了した西神中央の東側を南北に縦断する歩行者空間のパークアベニュー。美装化と共に照明設備も全面的に刷新され、夜間景観が大き …
ライトアップタワーズ

神戸市役所本庁舎1号館の市章ライトアップ照明設備のリニューアル 来春からライトアップ復活か!?

2020年12月1日
こべるん ~変化していく神戸~
神戸市は市役所本庁舎1号館の頂部となる南北面の市章等をかつて照らしていたライトアップ照明設備の改修工事の入札について広告しました。東 …
ライトアップタワーズ

三宮再整備・再整備後の夜の東遊園地は人が訪れ、お洒落さを増した都心のオアシスへと変化

2023年12月4日
こべるん ~変化していく神戸~
再整備が完了してまもない今年の5月に撮影したものの、お蔵入りしている事に気づいていなかった夜の東遊園地の様子をお届けしようと思います。  …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です