こべるん ~変化していく神戸~
三宮再整備

こどもの本の森 神戸 準備工事開始 施工者はあの大手ゼネコン



本格的な着工に向けて準備工事が始まった東遊園地南側の「こどもの本の森 神戸」。こうべ花時計を囲むように仮囲いが設置されました。



新たに建設される安藤忠雄氏によって設計されて図書館は既に開館している大阪・中之島の「こどもの本の森 中之島」とほぼ同じ外観の姉妹図書館になります。



仮囲いの中では着工に向けて既存設備・施設の解体工事が進められています。内部は既に瓦礫の山ができつつあります。



階段の上にあった屋根付きベンチも跡形もなく解体されました。今後、階段も解体されるものと思われます。



仮囲い内には建設事務所も構築されました。



公園管理事務所も改築が行われるので工事対象となります。12月から本格的に工事が始まる予定です。手前の階段のあるエリア一帯で杭打工事が開始されるものと思われます。



仮囲いの一部に竹中工務店のロゴが入りました。安藤忠雄氏によって建設された後、市に寄贈されますが、大手ゼネコンの竹中工務店に施工を委託するようです。

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です