ハーバーランド

ZARA 神戸ハーバーランドumieがノースモール1階に移転リニューアル カフェモロゾフもリニューアルオープン ZARA跡の後継は?



リニューアルオープンが続く神戸ハーバーランドumie。10月28日(金)は一連のリニューアルの中でも目玉となる開業がありました。



ノースモール1階のイオンスタイルのあった所にZARAが2階から移転オープンしました。店舗面責は2,000平方メートルを越える大型店舗で、以前よりも拡大しました。



ZARAのコンセプトにあった新店舗らしく外観は非常にプレーンでシンプルです。



開口部はミニマムで、外壁には丸味を帯びさせています。



エントランスにはサッシは無く、全てガラスになっており、非常にスタイリッシュなタグ造りです。梁の底面にはアルミのルーバーを採用して、ダウンライトが取り付けられています。



店内は店舗面積が広い事を活用して、非常にスペーシャスで開放感のある造りです。白を基調とした落ち着いたコードにまとめられています。



コーナー部も厚めの壁を構築し、あえて開口部を少なくしています。



ディンドンの前なので、まさにこのモール内でも一等地への出店となりました。



モール中央のエスカレーター側のエントランスも開口部をここだけに絞っています。内部はメンズ売場です。



知らずにここから入店すると、その奥に広がるスペースの大きさに驚くかもしれませんね。



ノースモール2階はZARAの閉店によって、こちらも大変な事になっています。RAGE BLUEも移転しているので、2階の南側半分という大スペースが閉ざされました。



唯一、「こなな」のみが営業を継続しています。延々と続く仮囲いです。



さて、空いたこの大きな店舗スペースを埋める後継テナントですが、インテリア・家具の「KEYUKA 神戸ハーバーランドumie店」が来春に開業する予定です。KEYUKAの中でも現在、4店舗しかない大型店に加わる事になるものと思われます。



また新たな話題店の出店によって、umieの集客力に磨きが掛かる事になりそうです。既にコロナ前の混雑ぶりが戻りつつあります。開店から2時間もすると駐車場を探すのが困難になり始めます。



10月28日(金)のリニューアルはZARAの開業ともう一つ。カフェモロゾフのリニューアルオープンが行われました。



リニューアル後には、モロゾフの菓子を購入できる売店スペースが併設されました。



カフェモロゾフはあっても、umieにモロゾフ自体の店舗がありませんでした。



リニューアルされたカフェスペース。以前によりも増して、お洒落なカフェに生まれ変わりました。



スタイリッシュなカフェスペースとなり、更に人気も高まりそうです。



大型リニューアルが続くumie。11月にも新規オープンが続きますが、ZARA跡にKEYUKAが出店する事で、リニューアルは来春まで続く事が判明。一気に色々な店舗がオープンするよりも少しずつ新しい店が開業し続けていく形の方が、ショッピングモールにとっては陳腐化を防ぐ意味では正しい方法なのかもしれません。

関連記事
ハーバーランド

神戸ハーバーランド開業30周年イベント「ハーバージャンボリー」開催 モザイク・高浜岸壁周辺のスペシャルイルミネーション

2022年10月3日
こべるん ~変化していく神戸~
開業から30年を迎えた神戸ハーバーランド。この30年は決して平坦な道のりではありませんでした。商業、業務、文化、居住等の複合機能を広大な …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です