こべるん ~変化していく神戸~
神戸駅周辺

VIERRA神戸のリニューアル工事進行中 上質なデザインの通路へと改修 KOHYO跡のテナントは?




JR神戸駅のビエラ口改札正面の駅ナカ商業施設「VIERRA神戸」。最大のテナントだったスーパーマーケットのKOHYOが閉店して久しくシャッターが下りたままでしたが、改修工事が開始されていました。現在は仮囲いが撤去されて外観は完成したようです。



改札外コンコースに面した真新しいエントランス周りの様子です。



木目調の壁材でフレーミングされました。エントランスは柱を挟んで広げられるように改修されました。



KOHYOの入っていたテナント部分は減築されて内部に新たなエントランスホールや入口が設けられました。ホールは明るい光天井にリニューアル。



エントランスドアは二方向に取り付けられています。後継のテナントは一体どうなるのでしょうか。KOHYOの再進出はあるのでしょうか。中央口に面する商業施設「PLiCO神戸」には集客力のあるテナントが多く出店して表側として賑わっていますが、これまで裏側的だったVIERRAの表化への布石でしょうか。



通路の改修にも力が入っています。



天井には木製の建材を多く採用してデザイン性高く温かみのある空間へと生まれ変わりました。



色温度にも配慮した照明演出に加えて、床材も刷新しました。



柱は煉瓦調タイルで覆った美装化が施されました。



テナントと通路を隔てるのは格子窓と木製ベンチ。



床材にはモザイク様に石のタイルを張り巡らせています。



奥はクリニックモールです。改修はここまでです。



想像以上に大掛かりで予算を費やした改修が進められています。



南側の外装も全面に渡って足場と養生ネットに覆われて改修が進められいます。



北側はまだ仮囲いが残されています。完成後には恐らくJR西日本の公式サイトにてJR西日本不動産開発よりプレスリリースが発表されるのではないかと思われます。

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です