須磨

TerrasMaクリニックモールが完成・開業 高倉台のショッピングゾーンが更に充実 今後の発展余剰も残す



須磨区高倉台の兵庫県立こども病院跡地再開発で誕生したオープンモール型の商業施設TerrasMa。地域密着型の商業施設として、中核のヤマダストアーを中心に安定した集客力を維持しています。

モール内には北側に余剰開発地が残されており、この一部を使って、クリニックモールを入れる建屋が建設されていましたが、建物が完成し、10月3日にオープンに漕ぎ着けました。



TerrasMaクリニックモールは爽やかなブルーのガルバリウム剛板をサイディング材として採用した外壁が特徴です。



全6区画のテナントの内、4区画が埋まりました。3クリニック、1薬局が入っています。



南側は平家、北側は2階建。



クリニックモールが出来た事で、TerrasMaの集客力が更に強まる事が期待されます。医療モールを訪れた際に隣のスーパーでの買い物や飲食店に立ち寄る可能性も出てくるでしょう。



残りの2区画についても既にテナントが決定しているようです。



高台の敷地の為、各施設の高低差が大きくなっています。駐車場には警備員が常駐しており、交通整理が必要な程、混み合っています。



クリニックモールのすぐ東隣の用地。土地の造成・整地は終わっています。3,000-4,000平方メートル位の大きさがあります。

食品スーパー、飲食店、クリニックと出店が続いてきましたが、今後、更にどんな業種がこのモールに必要でしょうか。



更に北側にも1区画の土地があります。

家電量販店はこの場所から約1キロ北に今春オープンしたクロスモール須磨にケーズデンキがあります。ニトリが出るには土地の大きさが中途半端かもしれません。



もっと飲食店が出来ると集客性に磨きが掛かるかもしれないですね。月並みですが、あまり神戸にはまだ出店していない「はま寿司」、「神座」、「サイゼリヤ」、「和幸」等があると、一通りを網羅する事になるかと思います。

関連記事
須磨

須磨海づり公園の陸上施設リニューアル事業者が決定 低予算事業に伴いその内容は大胆さを欠き、既存設備の復旧に重きが置かれる

2023年7月17日
こべるん ~変化していく神戸~
2018年8月に猛威を振るった台風20号によって壊滅的な被害を受けた須磨海つり公園は以来、閉鎖が続き早5年がしました。神戸市は、この …
須磨

神戸市立須磨海づり公園は2024年11月にリニューアルオープンへ 指定管理者に山陽電気鉄道・ハウスビルシステム共同事業体を決定

2023年12月23日
こべるん ~変化していく神戸~
来年11月のリニューアルオープンに向けて改修工事が進められている神戸市立須磨海づり公園。2018年の台風襲来による被災から6年を経て …

POSTED COMMENT

  1. 区民g より:

    ここが開業して本当に良かったと思っています。
    関係者の皆様には感謝しかありません。

  2. KRT より:

    先日こちらに立ち寄ったところ、A1棟新設工事?という看板が立てられ、周囲は柵で囲われており、中には重機がちらほらいました。
    もしかしたら建設が始まったのかもしれません。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です