こべるん ~変化していく神戸~
ファミリア本社跡

パークハウス ザ・神戸タワー 神戸市中央区相生町1丁目計画 躯体工事は7階まで進行中



ファミリア本社及びファミリアホール跡地で建設中の三菱地所レジデンス他によるタワーマンション「パークハウス ザ・神戸タワー」。地上躯体工事も順調に進行中です。いつの間にか近代建築であったファミリアホール・旧三菱銀行神戸支店の保存外壁を復元する予定の低層階の構築を終え、住戸階の建設に移行しています。現在、7~8階を施工中です。最近はTVCMも盛んに放映されていますね。販売も好調のようです。

名称 パークハウス ザ・神戸タワー
所在地 神戸市中央区相生町1-1-1
規模 地上33階 地下1階 塔屋2階
敷地面積 3,051.00㎡
建築面積
延床面積 39,520.55㎡
高さ 116.95m
構造 鉄筋コンクリート造一部鉄骨造
用途 共同住宅 352戸
設計 大林組
施工 大林組
事業主 三菱地所レジデンス 三菱倉庫 JR西日本不動産開発 安田不動産
完成予定 2020年3月


3階から設定されている住戸階はセットバックして高層化していきます。すでにRC造の7階の躯体が構築され、8階に着手しています。低層部の仕上げは最終工程になるものと思われます。旧三菱銀行の保存外壁は事業主の一社である三菱倉庫が保管しているのでしょうか。



栄町通に面した南面です。こちらの面は躯体が保存外壁からはみ出ていますが、住戸階の建設の進捗が良く分かります。



コーナー部のアップです。この建物はコーナー部に柱はありません。また窓枠を天井一杯までとし、開口部を最大化する事で、カーテンウォールを採用したような外観を実現し、ガラス感を高めています。これは先行したハーバーランドタワーには無い試みです。



上層部が立ち上がってきたので、かなり重厚感が出てきました。界隈は再開発が続いており高度利用が進んでいます。昨日の記事で取り上げたNTT都市開発によるサンテレビ本社とホテルの複合ビル計画事業予定にも近接しています。



栄町通の東側から眺めた同タワーの建設地です。33階まで達するとかなりの迫力がありそうです。



同タワーの建設されているハーバーロードはウミエの開業後、車、人共に通行量が大幅に増えました。再開発によって居住人口もかなり増加しているものと思われます。右手奥の旧ホテルシェレナの西館だけが、時代に取り残されている感があります。賃貸住宅としてコンバージョンされたはずですが、ホテルと書
かれたサインを付けたりと、用途がよく分かりません。所有会社は物件の転売を得意としていますが、この建物を一体どうしたいのか見えてきません。西元町駅直結の好立地ではありますが、売る事が出来ないのでしょうか。元町商店街の入口だけに有効活用を願いたいですね。

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。