JR三ノ宮新駅ビル

JR三宮ターミナルビル撤去工事開始 完了は2020年5月末を予定


3月18日(月)より動線切り替えが開始され、三宮ターミナルビルの撤去工事が開始されました。昨年3月の同ビル閉館から1年を経て、ようやく本格的な解体工事が始まった事になります。


中央コンコースから繋がる中央通路ですが、2/3以上が仮囲いによって塞がれてしまいました。


よって中央通路の幅はここまで縮みました。この頭上でビルが取り壊されていると思うと少し怖いですね。


通路を抜けるとロータリーに出ますが、仮囲いに沿って歩くと、そごうへのデッキに繋がる階段へと誘導されます。


ロータリーと仮囲いの間の通路の様子です。1年後には背後の駅ビルは姿を消し、三ノ宮駅のホームが丸見えになる予定です。今はまだ想像し難いですね。


エレベーターも供用が開始されています。


この階段は段数が少ないので苦にならずに昇降できます。


デッキへ上がると仮囲いが出来ており、ターミナルビル方面へのアクセスは封鎖されています。


これから仮囲い内部はどういった形で活用されるのでしょうか。


ポートライナー駅改札前の階段はこの通り高低差がかなりあります。しかし思いの外、利用者は多く意外に使い勝手は良さそうです。


ポートライナー改札前から西方向へのアクセスも封鎖されています。


そして最後は中央コンコースからJR駅西口や阪急駅へとアクセスする階段です。


こちらも人はスムーズに流れていました。


北側にも仮囲いが設置されました。事前に十分な周知が行われていたせいか特段の混乱も無く人の流れは既に新しい動線に順応しているようでした。JR駅ビルの今後についてはまだ判明しておらず不完全燃焼状態ではあるものの、遂に阪急、JR西日本の二社が駅ビルの建替工事に着手した状態に突入しました!これから三宮を訪れる市外の人にとっては神戸は駅前再開発が進行中という印象を持つ事でしょう。バスターミナルビルや市庁舎の建替も始めると、ようやく神戸でも街の進化の躍動感を肌で感じられるようになります。

関連記事
鉄道関連

阪神電車サービスセンター・定期券うりばがオープン 旧センター跡にはJR新駅ビル1階から接続するエスカレーターを整備予定

2023年1月24日
こべるん ~変化していく神戸~
阪神電車神戸三宮駅の東改札口の改札外コンコースに定期券うりばが完成し、21日より営業を開始しました。 定期券うりばなの …
JR三ノ宮新駅ビル

JR三ノ宮駅ビル開発準備工事からJR三ノ宮駅ビル新築他工事へと工事名称変更!設備撤去工事から何らかの構造構築も開始

2024年3月11日
こべるん ~変化していく神戸~
先週、とうとう起工式が開催されたJR三ノ宮駅ビルの建設される南側駅前広場。既に地下駐車場や三宮ターミナルビル一部を残して既存設備や施 …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です