神戸駅周辺

ABCハウジング神戸駅前住宅公園が閉鎖へ 跡地利用の行方は?



JR神戸駅前の東側にあるABCハウジング神戸駅前公園が7月22日(月)をもって閉場する事が分かりました(SY Kobeさん、情報ありがとうございました)。長年に渡って営業してきた同展示場の土地が転換される可能性が高まります。



現在はありがとうキャンペーンを開催中です。土地の敷地面積はおよそ2,500平方メートル程かと思われます。土地の保有者はNTTグループです。同社は自社ビルを含めて周辺に不動産を複数保有しています。



この住宅公園は4年前にリニューアルオープンしたばかりでしたが、土地の賃貸契約が満了を迎えたのでしょうか。もしNTT側が契約更新を認めなかったのだとすれば、跡地利用についての目算があるという事になります。



この土地も神戸市の定める都心機能活性化地区に指定されており、都心機能誘導の為、1,000平方メートルを超える敷地面積のある土地には建設される建物において住宅の占める容積率は400%未満に抑制されます。従ってタワーマンションを含めた住宅建設は事実上不可能です。ではこの土地の最適な有効活用方法は何でしょうか。



この住宅展示場は元々、更に大きな土地で5,000平方メートルを超える大きさがありました。その西側の約半分の敷地はNTT都市開発が神戸駅前JUSTスクエアを建設。サンテレビ本社とホテルを組み合わせた複合ビルです。NTT都市開発が新港第2突堤、神戸三宮プロジェクトに次ぐ新たな開発計画の始動を目論んでいるのでしょうか。



斜向かいには日本郵便が保有し、現在は駐車場として暫定利用されている開発用地があります。



駅前広場の再整備が計画されるJR神戸駅から至近距離にあり、新快速が停車する非常に貴重な環境が整っているにも関わらず、有効活用されていないこれらの開発用地は、高いポテンシャルを有していると言えます。老朽化しているNTT神戸ビルの機能代替と賃貸床を有するオフィスビル+低層階に近隣で増加するマンションの需要に応える食物販のテナントを入れる開発はいかがでしょうか。もしくは再び企業の本社機能移転に活用する可能性もあるでしょうか。

関連記事
神戸駅周辺

メトロこうべ地下通路美装化工事 一部の天井美装化が早くも完成 デュオこうべも最終未着手区間の美装化を進める

2021年11月19日
こべるん ~変化していく神戸~
神戸高速鉄道株式会社と阪神電気鉄道株式会社は7月から神戸高速線新開地駅と高速神戸駅を連絡する地下通路「メトロこうべ中間通路」の美装化工事 …
神戸駅周辺

メトロこうべ中間通路リニューアル完成 中央広場愛称はメトロプラスに 暗く陰気な通路が見違える空間に大変身

2022年4月2日
こべるん ~変化していく神戸~
神戸高速鉄道及び阪神電気鉄道が昨年7月から着手していた「メトロこうべ中間通路」の美装化工事が完成を迎えました。メトロこうべの開通50 …
神戸駅周辺

日本郵政が全国の保有施設20ヶ所の複合開発に乗り出す!神戸中央郵便局は開発対象とならない?神戸用地とは?

2023年9月23日
こべるん ~変化していく神戸~
日本経済新聞が報じたところ、日本郵政が全国に保有する郵便局や社員寮等、20ヶ所以上の施設について、複合施設として建て替える再開発を行 …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です