ホテルシェレナ跡地

ジ・アーバネックスタワー神戸元町通

urbanex18.jpg


元町通6丁目のホテルシェレナ東館跡地で建設中のタワーマンション「ジ・アーバネックスタワー神戸元町通」。前回はタワークレーンの組み立て開始をお伝えしましたが、地上階の躯体工事が開始されています。

urbanex21.jpg

空高くに聳え立ったタワークレーン。マストが非常に細いので、先日の台風時には大丈夫だったのだろうかと心配になりました。両脇を建物に挟まれているので、南北方向の稼働領域が非常に限られており、操作には細心の注意が必要となるでしょう。

urbanex20.jpg

エントランスや共有施設、駐車場へのアプローチとなる1階部分が姿を現しています。

1F-1.jpg

こちらが1階及び低層部の意匠です。タワーマンションとしてはシンプルな外観です。また2階部分から住戸というのも今時のタワーマンションとしては珍しいパターンです。敷地が東西に奥行が取れているので、建物は多少セットバックして、エントランス前に小さな公開空地が設けられます。

urbanex19.jpg

これで建物の幅や奥行等のサイズが判明しましたので、このまま最上階である27階まで高さを増していくと完成形が想像できます。

urbanex17.jpg

中突堤からもタワークレーンが見えました。この方向は海まで視界が抜けているようです。ここから建物が見えるようになるにはまだ数ヶ月以上掛かるでしょうか。



関連記事
ホテルシェレナ跡地

旧ホテルシェレナ西館(現第一グランドホテル西元町)が解体・再開発へ マンション開発か商業開発か?

2021年11月18日
こべるん ~変化していく神戸~
かつて西元町のランドマークだったホテルシェレナ。本館、東館、西館の3棟で構成されていた総合ホテルでしたが、震災後、欠陥工事に関する係争に …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です