ホテルシェレナ跡地

ザ・レジデンス神戸元町通 -ホテルシェレナ跡地-

cherena16.jpg

元町通6丁目はホテルシェレナ跡地で建設が進められている地上24階建137戸のタワーマンション「ザ・レジデンス神戸元町通」の現況です。工事に着手して約半年が経過していますが、未だ本体工事の着工には至っていないようで、地盤改良工事が進められています。

cherena13.jpg

地下に埋まっていた旧ホテルシェレナ(旧三越神戸店)の基礎部分の解体等、準備工事に大幅な時間を取られてしまうのでしょう。神戸旧居留地25番館、ミント神戸等も震災後の再建工事では同様に地下工事に長期間を費やしました。

cherena10.jpg

竣工は26年春ですのでまだ1年半程先です。背後には一足早く竣工を迎える神戸ハーバータワーがそびえ立っています。シティタワー神戸三宮とハーバータワーが竣工すると、神戸の都心部で建設されているタワーマンションはこのザ・レジデンス神戸元町通のみとなります。24階建とと都心タワーでは小粒ですが、周囲との調和を考慮したディテールに富んだファサードデザインには、ちょっと期待しています。

cherena09.jpg

栄町通にはマンションギャラリーがオープンしました。消費税増税が現実味を帯びた今、不動産業界は今後の対応をどう行なっていくのかを熟考しなければなりません。住宅ローン減税の延長等も検討されていますが、自動車やTVの補助金制度の例のように駆け込み購入と需要の先食いも十分に考えられる為、今後の業界各社の動向が注目されます。

しかし神戸は関西でもトップクラスの人気エリアです。住宅情報誌「Suumo」における人気ランキングでも神戸都心部のタワーマンションは常にトップ争いをしています。都心以外では住吉地区のみでタワーレジデンスが建設中。次のプロジェクトに自然と目が移ります。

ハーバーの三菱地所、伊藤忠都市開発等が目下の処、有力候補ですが、イオンモールの進出する旧中央卸市場跡のII期も可能性があります。垂水駅前の再開発は消滅したのかその後の情報がありません。他、都心部でもまだ候補となりそうな敷地は点在しています。大阪の都心部では切れ目なく新プロジェクトが相次いでいます。今後の神戸にも期待大です。

cherena11.jpg

同じくシェレナ跡地で唯一、解体を免れた西館。ホテルとしての再稼働を模索後、賃貸住宅「グランドールプラザ神戸レジデンス」への転身となり、長期に渡って内部改装工事が進められてきましたが、まだエントランス付近は工事中のようです。物件の入居者募集は開始されているようですが、店舗も二戸入るようなので、今後の様子が気になるところです。

cherena18.jpg

更にシェレナ跡地開発エリアから程近い西元町駅前で建設中の神戸博愛病院。外観はすでに完成しているようです。

cherena12.jpg

病院には見えない色使いや格子状のファサードで、なかなかお洒落な建物となりました。

cherena17.jpg

今秋、栄町通から移転開業する予定のようです。そして気になるのが移転後の現病院跡地再開発です。すでに売却先は決まっているのかそれとも所有を続けて、不動産投資を行うのか。今後に注目です。

cherena14.jpg

最後は神戸中央郵便局。特に変わり映えしていないのになぜ取り上げたのかと思う方も多いでしょう。よく見てみると・・・

cherena15.jpg

ローソンが建物内に開業しています。JPローソンと呼ばれる店舗形態で、4月末にオープンしたようです。郵便局会社がローソンと提携し、直営店を郵便局内にコンビニを開業させるという新しい試みで、民営化を浸透させる新戦略です。勿論、通常のローソン同様に24時間営業しています。ちなみにローソン単体で7月にオープンする店舗は全国で88店。コンビニ業界全体となると一体幾つになるのでしょうか。その反面、閉店する店舗も相当数に上るものと推察します。コンビニは震災後、大きく注目されて、苦戦するスーパーや百貨店を尻目に急激に流通業界内でのシェアを伸ばしています。特にファミリーマートの躍進は目を見張るものがあります(三宮の狭い範囲内にも一体幾つのファミマがあるのか…)。

話はずれましたが、郵便局も変化の波の中で業態の模索を続けているようです。大阪駅前の中央局はいよいよ再開発に向けて解体が始まりました。東京局の再開発は完了を迎え、名古屋局も開発が進められます。さて、我らが神戸局が開発される日は来るのか。



関連記事
ホテルシェレナ跡地

旧ホテルシェレナ西館(第一グランドホテル西元町)の解体撤去工事 10階の撤去まで進捗 跡地には110戸強のマンションを計画?

2022年9月9日
こべるん ~変化していく神戸~
元町商店街街の西エントランス横に立っていた旧ホテルシェレナ西館は、大阪の不動産会社であるセントラルシティが賃貸マンションへとコンバー …
ホテルシェレナ跡地

旧ホテルシェレナ西館(現第一グランドホテル西元町)が解体・再開発へ マンション開発か商業開発か?

2021年11月18日
こべるん ~変化していく神戸~
かつて西元町のランドマークだったホテルシェレナ。本館、東館、西館の3棟で構成されていた総合ホテルでしたが、震災後、欠陥工事に関する係争に …
ホテルシェレナ跡地

旧ホテルシェレナ西館(第一グランドホテル西元町)・(仮称)神戸市中央区元町通6丁目計画が来年1月に始動予定

2023年4月10日
こべるん ~変化していく神戸~
元町商店街の西側入口に位置する立地で進められてきた旧ホテルシェレナ最後の建物である西館の解体工事が完了を迎えようとしています。  …

POSTED COMMENT

  1. 翔@KOBE より:

    ファミマはすごいですよ。今、市営地下鉄の駅の多くがミニファミマ併設になってきています。既知かもしれませんが一応ファミマのページです。↓
    http://www.family.co.jp/company/news_releases/2012/120502_1.html

    病院跡どうなるんですかね。まあもうマンションが建つかもしれないのは仕方ないかもとは思います。でもできれば向かいのマンションみたいな抜き出た高さのようなものではなく、周囲に合わせた低層マンション(願わくは低層オフィスですが)で、一階にコンビニや飲食店などのテナントが入ってくれたらいいなと思います。

  2. 垂水区民 より:

    垂水駅前の再開発は神戸市議会の議場にあげられることもなく消滅しました。
    市としてはあくまでも神田町一体の再開発を希望するそうで、東側エリア単体での再開発は認められませんでした。
    現在、新たな再開発組合が発足し再開発に向けて活動を進めていますが…

  3. しん@こべるん より:

    翔@KOBEさん

    ファミマは大阪市営地下鉄の売店出店契約も締結したようですね。勢いは留まることを知りません。

    博愛病院の敷地はそんなに大きくないので、容積率的に超高層を建てる余裕はないと思われます。跡地利用さてどうなるか。

    垂水区民さん

    情報ありがとうございます。やはり消滅してしまっているのですね。。。新たな再開発が早期に実ることを期待します。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です