雲井通6丁目計画

BRENZA HOTELの開業は4月1日


雲井通6丁目で開業準備の進むBRENZA HOTEL。地上13階 延床面積4,048.08平方メートルの新しいホテルです。不動産業を営むアサヒが立ち上げた新会社Archerが運営します。


ホテルのコンセプトは「グリーン」。建物の低層部の壁面を緑化してコンセプトを体現しています。建物の1階はエレベーターホールと駐車場の入口になっています。


そして2階がこのホテルの名物となる予定の「BRENZAカフェレストラン」。求人媒体によるとホテルとカフェが4月1日のオープンを予定しているようです。カフェレストランのテーマは「カラダもココロもきれいに」。67席を用意し、自然の木を使用したインテリアと、神戸の食材を活かしたメニューを提供する予定との事です。


資本力のあるチェーンを中心に開業ラッシュとなる新規ホテルの中で明確な差別化を図るため、随所に工夫を凝らしているようです。開業1ヶ月を切っていますが、未だ公式サイトが公開されていないのは気になるところではあります。Facebookは存在しますが、ほとんど情報は公開されていません。



関連記事

POSTED COMMENT

  1. sirokuma より:

    コストダウンなのかな?カンデオみたいに非常階段をルーバーで囲んでいたら随分イメージが変わったでしょうね。目立つ場所なので建物の色も含めもう少しデザインに凝って欲しかった。

  2. りょう より:

    内容変わりますが
    東急ハンズの北側裏、モントレの西隣の
    古い建物が有った所が取り壊し始まってて、アパホテルの看板立ってましたよ。

  3. しんべ より:

    個人的には非常階段も黒でお洒落だと思うんですが。

  4. ウエストン より:

    このホテルと隣の東急REIホテルは将来的な再開発エリアに入っているようなので、将来を見据えてコストダウンして建築してるのかもしれないですね。
    案外10年も経つと再開発の計画が具体化しているかもしれません。
    それにしても、4月オープン予定なのにサイトもない予約も受け付けてナイトは信じられません。大丈夫なのか心配になります。

  5. ジョルジュ・イグレック より:

    カフェのオープンはシェフが代わる等もあり現在日時は未定とのこと。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です