元町

鯉川線(鯉川筋)道路改良工事 インターロッキング舗装ブロックの敷設が開始される



3月末の工事完了を予定している鯉川筋の道路改良工事。北行き西側の車道1車線を歩道に転換して、歩行者空間の拡大を進めています。これによって混雑する南京町入口付近を含めた狭い歩道が歩きやすい空間に生まれ変わる予定です。



土木や電気工事が完了し、いよいよ歩道のインターロッキングブロックの敷設による仕上げが開始されました。



採用されたブロックはグレーの正方形で滑り止めの細かな切込みが入っています。



これまでのレンガ調ブロックとは打って変わった印象です。街の印象が大きく変化しそうな気配です。



歩道の大きさは気持ちの良い広さです。



このブロックの採用には賛否がある気がします。まずは完成形を見てからでないと何とも言えませんが。コストメリットと歩きやすさ・安全性を考慮した結果でしょうか。

kyoryuchi02

似たようなブロックは明石町筋でも採用されています。色の差でしょうか、かなり印象が異なります。



完成イメージは黒い舗装に描かれていたので、まさか単にアスファルトで舗装するような事はないかと危惧していましたが、それは払しょくされたものの、このブロックの採用をイメージに反映させていたようです。



大丸に接する東側の歩道とのバランスも考えなくてはなりません。まずは完成を待ってから再度、評価してみたいと思っています。

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です