こべるん ~変化していく神戸~
元町

鯉川線道路改良工事が完了 開放感溢れる美しい通りが完成 今後は通りの活性化を期待

元町通1交差点~栄町通1交差点に至る約230mに渡って昨年9月より半年間の工期で実施された鯉川線道路改良工事。元町商店街入口から南京町までの区間は人通りが多い割には歩道幅員が狭く、放置自転車もあって歩き難い歩道でした。「元町駅からウォーターフロントへの移動の『要』となる鯉川筋においては、歩行者が行き来しやすく、また、人々が集い、憩えるシンボリックな回遊拠点を形成する」を目的として、第一段階の歩行者空間の拡充が行われました。

 

元町通1丁目交差点を回遊拠点へ



元町通1丁目交差点こと大丸前スクランブル交差点は4叉路という珍しい交差点でこれを囲むように大丸神戸店をはじめ多くの商業施設が並ぶ都心エリア有数の賑わいエリアです。また元町、三宮、ウォーターフロントへの動線が交わる回遊拠点としての役割も担います。



この交差点の歩道を大きく拡充した事でこの場所を賑わいを創出しつつ、他エリアへの回遊性を高める拠点として活用が期待されます。

BEFORE (ユニクロ前)

AFTER (ユニクロ前)



以前よりそれなりの歩道幅員がありましたが、今回の工事でほぼ広場のように歩道が拡大しました。イベント広場としての活用が可能となります。キッチンカー等の出店も期待できそうです。



美しく開放感の高い歩行者空間に仕上げられました。ウォーターフロント再開発エリアの新港町で採用されているものと色違いのデザイン街路灯が設置されました。今後の都心再整備エリアには積極導入されていくのではないかと推測しています。



元町商店街入口前のみ煉瓦調のインターロッキング舗装ブロックが採用されています。3パターンのブロックを組み合わせて明るい路面を演出します。

 

南京町周辺は『憩い』の空間に

BEFORE

AFTER



かつては元町商店街前から南の南京町までがこの歩道で最も幅員が狭く人通りも多い上に放置自転車もあって歩き難い空間でした。



南京町の周りにはベンチも設置され、憩える空間に変貌しました。

BEFORE

AFTER



以前は歩道の車道側に植栽がありましたが、これを完全撤去した事で歩行者空間の拡大と開放感創出に成功しました。



同時に南京町も古くなった路面を明るい舗装路に刷新されました。



車道側には自転車の通行帯のマーク。これまでは自転車の走行等、到底無理な状態でしたが、十分な広さが確保されました。今後はこの広さを維持する為、自転車の駐輪は厳しく取り締まって欲しいと思います。



絵になる歩行者空間が生まれました。街路樹が育つとますます美しい景観に成長すると思われます。



都心の再整備において道路改良工事が1つの常套手段として定着してきました。明石町筋や仲町通から始まり、葺合南54号線、鯉川筋、そしてまもなく完了するサンキタ通り。これから集大成となる三宮クロススクエアも第一段階の整備に入る事になります。道路改良が街の活性化、賑わい向上に繋がり、ひいては沿道の再開発や建て替え、地価高騰に発展していく事を期待すべきかと思います。

あわせて読みたい
葺合54号南線改良I期工事完了三宮再整備の一環として進められてきた葺合南54号線の改良工事先行開発区間が完成し、全面供用開始となりました。当初は10月末の完成予定でし...

あわせて読みたい
旧居留地 -明石町筋界隈の変貌-旧居留地は明石町筋界隈で進められきた歩道の拡張工事とカラー舗装の変更がほぼ完了を迎えています。居留地エリアの目抜き通りとして最も人通りの...

 

関連記事

POSTED COMMENT

  1. 摂津国人 より:

    この鯉川筋の工事は正解でしたね、特にこの時期の週末は多くの人でにぎわうのではないでしょうか。
    Walkable Cityを自称するのであれば、歩いていて楽しくなる街づくりをしていくのが重要です。
    第1期工事だけにとどまらず、南はメリケンパークまで、北は元町駅・元町山手まで続けて、元町・元町山手からウォーターフロントまでの回遊性を完成させてほしいです。
    あと、元町駅南側の老朽化した雑居ビルも併せて再開発できれば、元町が神戸の中心に返り咲くこともあり得るでしょう。

    同じような改良工事を京町筋にも施せば、旧居留地の活性化並びに三宮駅から新港町への導線も出来上がるかもしれません。
    鯉川筋も京町筋もほこみちに指定された三宮中央通りに接続していますので、この導線を利用しない手はないでしょう。

    別件ですが、記事の小見出しや「あわせて読みたい」で関係の深い過去記事を取り上げてくださるのはわかりやすくていいですね。
    執筆時にお手間でなければ是非続けていただきたいです。
    明石筋も葺合54号南線も大変好ましい状態に仕上がっているのがよくわかりました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です