須磨水族園

須磨海浜水族園・神戸須磨シーワールド 須磨海浜公園再整備工事 立ち上がってきた各施設の地上躯体

来春の開業を予定している神戸須磨シーワールド。残り1年3ヶ月程の工期となり、建設されている各施設の地上部躯体工事の進捗が目を見張るまでになってきました。

 

プロジェクト概要

須磨海浜水族園・海浜公園再整備



事業者 サンケイビル、三菱倉庫、JR西日本、竹中工務店、芙蓉総合リース、阪神電鉄、グランビスタホテル&リゾート
協力者 阪神園、 浅井謙建築研究、E-DESIGN
所在地 神戸市須磨区
区域面積 水族館:25,261㎡ 園地:48,100㎡
施設延床面積 水族館:22,271㎡ 園地:2,012㎡
水族館総水量 14,528t
設計 竹中工務店 浅井謙建築設計事務所
施工 竹中工務店 鴻池組
駐車場台数 1,110台(立体駐車場 716台 平面駐車場394台)
事業費 370億円(初期投資)
完成予定 2024年3月末
想定年間来場者数 初年度440万 安定期390万人

https://smile.kobe-sumasui.jp/redevelopment/
「須磨海浜水族園・海浜公園 再整備プロジェクト」特設サイト

全体施設配置計画図


神戸須磨シーワールド

『つながる』エデュテイメント水族館

オルカスタジアム
イルカスタジアム

イルカビーチ

アクアライブ

随所に工夫を凝らした最新の展示ゾーン



生き物に触れ合う事のできるエリア「アクアラボ」

ペンギンやアシカ・アザラシ・ウミガメの展示エリア





海の見える丘広場

神戸須磨パークス&リゾーツホテル

海への旅にいざなう価値体験型ホテル



規模: 地上7階建て
延床面積:7,312㎡
客室数: 80室(定員274名)



瀬戸内海、淡路島、明石海峡大橋を望む全室オーシャンビュー

水族館との一体運営・日本初の「ドルフィンラグーン」を設置し、宿泊者が特別にイルカと触れ合う体験施設



水槽付きプレミアムルーム(6室)



瀬戸内海の魚介類、神戸牛や神戸ワインなどの神戸ブランド、淡路の食材など、地産地消にこだわったフード&ビバレッジが楽しめる「せとうちハーバーレストラン」

松の杜ビレッジ

歴史ある松林を保全・活用・育成し、魅力ある水族館を核とした市民の誇りとなる 「須磨海浜公園」の創造



松林の約7割を保存し、内部にパークコンシェルジュ棟に加えて、にぎわい施設となる松林の高さを超えない3棟の建物を建設



ヴィレッジA棟:子ども向けブック&カフェ、子育て支援・知育スタジオ等の施設
ヴィレッジB棟: キャンプ体験レストラン、グランピング体験施設等



ヴィレッジC棟: 海の街にたたずむボートハウスをイメージしたレストランカフェ



建設状況の様子



まずは神戸須磨シーワールド内では最も東に位置する魚類・アシカ・ペンギン棟。いわゆるこれまでの須磨水族園本館の機能を新たに担う建物です。



既に鉄筋コンクリート造の躯体は最上部まで構築が終わりつつあるようです。一部の壁は足場も撤去されています。



この建物の中にシンボリックな大水槽が備わる事になります。メインの大水槽はどの水族館でもその施設のハイライトです。アクアライブと命名された大水槽ですが、関西では海遊館がジンベイザメやマンタを有する圧巻の大水槽を誇示しており、これにどれくらい迫れるのか要注目です。



この魚類・アシカ・ペンギン棟の西側に隣接する建物との間を空中で連絡する渡り廊下が構築されています。



位置的にはイルカスタジアムが建設されている場所ですが、北側にレストラン棟が設けられるようなので、この市バス停車場前の建物はレストラン棟と思われます。



レストラン棟の奥にイルカスタジアムが建設されています。北側からだと分かりにくいですが、かなり躯体工事は進んでいます。



恐らく現在進行している建設中の建物の中では最も高い建築になっているものと思われます。



北側に観客席、中央にイルカがショーを見せるプールが設けられる予定ですが、足場が高く組み立てられている部分が観客席でしょう。



距離を置いて、須磨の浜から眺めてみると、その大きさは圧巻です。



既に東側に隣接する三角屋根の現本館並みの大きさになっています。本館の営業も残すところ3ヶ月となりました。



本館の南側も工事が進んでいます。本館は解体されて、跡地には海のみえる丘広場が整備される予定です。南側部分には何が出来るのでしょうか。



本館の東側のオルカスタジアム。



こちらも躯体工事が進み、巨大な建物の骨格が姿を現しています。



オルカスタジアムの北側にはエントランス棟も設けられる予定です。スタジアム内にはシャチを見ながら食事ができる「オルカレストラン」、カフェ併設の「オルカテラス」もオープンします。



各施設の地上躯体が大きく立ち上がってきた事によって、いよいよオープンに向けての実感が湧いてきました。今後、更に各建物がより完成形に近づいていく事になるでしょう。夏前までには恐らく殆どの施設が竣工し、館内の開業準備に多くの時間が充てられるのではないかと思われます。
関連記事
須磨水族園

須磨海浜水族園・国民宿舎須磨荘解体撤去他工事 遂に始まったスマスイ周辺のリニューアル計画!1年掛けて更地化へ

2021年5月21日
こべるん ~変化していく神戸~
神戸市内で予定されている数ある開発プロジェクトの中でも最大級且つ最重要案件の一つとして考えられる須磨水族園及び海浜公園のリニューアル …
須磨水族園

須磨海浜水族園・神戸須磨シーワールド 須磨海浜公園再整備工事 施設躯体工事も進み、いよいよ駐車場棟の建築も開始

2022年9月7日
こべるん ~変化していく神戸~
再来年のグランドオープンに向けて大規模な開発工事が進む須磨水族園及び海浜公園。各施設の地上躯体工事が進んでおり、徐々に建物の形状が形 …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です