こべるん ~変化していく神戸~
鈴蘭台駅前再開発

鈴蘭台駅前地区第2種市街地再開発事業 駅前広場の整備進行中



10月に再開発ビルのベルスト鈴蘭台の開業と神鉄鈴蘭台駅の橋上駅舎供用開始によって北区の玄関口が一新されました。再開発ビルの完成に伴って、ビル内に地権者店舗が移転を完了した為、今後は駅前広場の整備に着手。既存建物の解体工事がスタートしています。



ベルストの東側にあった木造店舗の姿はすでに無く、瓦礫の山が出来ていました。



一部の店舗はまだ残っていますが、すでに退去は完了しているものと思われます。これらの建物も近日中に取り壊されるでしよう。



一気にこれだけ複数の店舗や住宅の解体が進んで瓦礫の山が出来てくると少し異様な光景です。



仮設店舗ビルを設けていた三井住友銀行も瓦礫のみとなりました。



駅ビル内から整備中の駅前地区を望むと、薄暗かった構内に光が入るようになっています。



既存建物の撤去が進みベルストがスッキリと見えるようになってきました。



日新信用金庫も仮設店舗からベルストの駐車場棟に移転。

ただ建物が無くなり駅前広場の大きさがイメージ出来るようになると、想像していたよりも窮屈な感じがします。電柱の地中化や県道の再編等によってもう少しスッキリするとまた雰囲気も変わるのではないかと思います。

旧駅舎の改札であった以前の駅ビルもこれから解体が本格化します。



この駅前の蜘蛛の巣のような電線が無くなると駅前は洗練されるでしょう。全体の完成は来年度の予定です。

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です