こべるん ~変化していく神戸~
鈴蘭台駅前再開発

鈴蘭台駅前地区第二種市街地再開発事業

suzuran105.jpg

鈴蘭台駅前の再開発事業も来年のビル完成を前に工事は佳境に入って来たようです。すでに駐車場棟は完成し、施設棟も鉄骨建方は完了済。外壁や内装工事も進んでいます。

suzuran104.jpg

線路に面した再開発ビル西側はすでにほぼ全面的に足場と養生ネットが撤去されて、完成した外観がお披露目されています。

suzuran106.jpg

また現駅前広場に面した南側の中層から上部も足場と養生ネットが撤去されています。

suzuran107.jpg

下から順次完成していくタワー型の建物であればまだ鉄骨剥き出しの部分と外壁が完成している部分が存在しているのが通例ですが、こうした建物で面によって外壁が完成している部分と鉄骨のままの部分が残されているというパターンは珍しいのではないかと思います。

suzuran109.jpg

想像していたよりも色調が明るく、あっさりとしてプレーンな外観です。

suzuran103.jpg

鈴蘭台の橋上駅舎の鉄骨建方も進んでいます。

suzuran110.jpg

ほぼ駅舎の骨格が出来上がりつつあります。

suzuran111.jpg

今回はホームにまで足を伸ばしてみました。デッキプレートの取り付けも始まっています。

suzuran112.jpg

この階段は非常用でしょうか。駅ビルに面した鉄骨の柱や梁はビルの躯体と連結しているようです。駅舎内から直接、駅ビル内コンコースへ連絡します。この再開発も着工までが長かったですが、いよいよ来年に完成を迎えます。その後は駅前広場の整備へと工事の軸足が移る事になります。



関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です