山からの眺望

諏訪山公園ヴィーナステラスのレストハウスはリニューアルの為に閉店 オペレーターも変更後、10月より営業再開予定



諏訪山公園ヴィーナステラスのレストハウスは築後40年以上が経過し、老朽化が目立っています。1982年に開業した「フランス料理トゥール・ドール」が30年の営業の歴史の上、2012年に惜しまれながらも閉店しました。その後、2013年からは「イタリア料理ジャンカルド」が後続店として営業してきました。



しかしながら、ジャンカルドについても契約期間が3月末で満了を迎え、ヴィーナステラスでの営業を終了しました。同店は西宮に移転開業を予定しています。



シャッターのしまったジャンカルド。個人的には20年程前のトゥール・ドール時代に一度、ディナーを楽しんだ記憶があります。



このレストランの特徴は何といってもその眺望です。レストランは崖の中腹に突き出た形で建築されており、コーナー部は宙に浮いた状態です。地上2階建てで、1階はレストラン、2階はゲストルームの構成です。



レストランから見渡す神戸の街と港はまさに絶景です。このレストランで食事をする事は一種のステータス・憧れだったかと思います。



閉店を機に老朽感の目立つ屋根等、改修工事が施される予定です。また照明設備も設置されて屋根はライトアップされる計画の他、街路灯も新設されて、安全面と景観面の双方の向上を図ります。肝心のレストランの後継事業者についても既に決定済で、大阪のグランド・メゾンホテルズアンドリゾーツ株式会社が選定されました。同社は「神戸北野ホテル」の運営元でもあり、近鉄グループの出資企業でもあります。改修工事の完了後、装いも新たに10月からの営業再開を目指します。

関連記事
山からの眺望

ヴィーナステラス・ブリッジから眺めた神戸都心 2023年晩秋 TVドラマにも登場 公共交通機関でのアクセス必要

2023年11月23日
こべるん ~変化していく神戸~
4月以来、7ヶ月ぶりに訪れたヴィーナステラス・ブリッジ。都心三宮やウォーターフロントの再整備が進行し、ここから眺める街の様相も変化を …
山からの眺望

ヴィーナステラス・ブリッジから眺めた神戸都心 2020年初夏 神戸阪急ビル東館が三宮の中心に聳え立つ

2020年6月15日
こべるん ~変化していく神戸~
前回、鉄骨建方が本格化した神戸阪急ビル東館の様子をヴィーナスブリッジから確認しようと訪れたのが1月。早いものでもう半年近くの歳月が過 …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です