西区役所・文化施設

西神中央 文化・芸術ホール等整備事業/(仮称)神戸市西区美賀多台1丁目計画新築工事(クレヴィアシティ西神中央) 両建物の地上躯体構築が進行



西神中央駅西側の再整備における中核施設として、同じ街区内に文化施設と大規模共同住宅の建設が同時進行で進められています。東側の新西区総合庁舎と駅を挟んで双璧となるプロジェクトです。

プロジェクト概要

西神中央 文化・芸術ホール等 整備事業

所在地 神戸市西区美賀台1-1-1
事業者 鹿島リース
敷地面積 4,000.00㎡
建築面積 2,793.43㎡
延床面積 6,60.35㎡
階数 地上4階
用途 劇場 図書館
建物⾼さ 19.524m
構造 鉄筋コンクリート 一部鉄骨造
設計者 久米設計
施工者 鹿島建設
竣工予定 2022年6月30日



交流モール



交流モール



図書館



図書館



文化ホール



夜景


(仮称)神戸市西区美賀多台1丁目計画新築工事(クレヴィアシティ西神中央)



所在地 神戸市西区美賀台1-1-3
事業者 伊藤忠都市開発 旭化成不動産レジデンス 山陽電気鉄道 和田興産
敷地面積 7,844.78㎡
建築面積 3,382.89㎡
延床面積 25,083.36㎡
階数 地上11階
用途 共同住宅(304戸)
構造 鉄筋コンクリート
設計者 都市建 一級建築士事務所
施工者 長谷工コーポレーション
竣工予定 2022年6月30日

クレヴィアシティ西神中央物件サイト





建設状況の様子



敷地南側の500席規模の文化・芸術ホールと図書館から構成される文化施設。鉄筋コンクリートの躯体構築が順調に進んでいます。



まずは敷地内の半分で躯体の構築を進めており、残りの半分はこれからの着手となる模様です。



配筋と型枠工事が2階部分に達しています。



柱と梁の構築が進みます。



躯体が立ち上がり、建物らしくなってきました。施設の愛称も募集されていましたが、8月には正式に発表される予定です。この建物の完成後、現在の西区文化センタービルはどのように活用されるのでしょうか。



クレヴィアシティ西神中央の空囲いには西神中央周辺で計画されている再整備プロジェクトが時系列で紹介されています。



クレヴィアシティ西神中央も基礎工事が終わって、地上躯体の構築が開始されていました。



今後、徐々に両建物の躯体が成長してくると、駅前の雰囲気が大きく変わってくるでしょう。近隣では西神センタービル立体駐車場整備事業も始動する予定です。

関連記事
西神中央

西神中央 文化・芸術ホール等整備事業/(仮称)神戸市西区美賀多台1丁目計画新築工事(クレヴィアシティ西神中央) 地上躯体の構築がダイナミックに開始されている

2021年5月25日
こべるん ~変化していく神戸~
西神中央駅南側の市有地約1.3ヘクタール似を開発し、文化公共施設と分譲マンションを建設する大型プロジェクトが始動しています。鹿島リー …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です