三宮再整備

葺合南54号線道路改良工事その4 更に舗装完了エリアが拡大



今月末の工事完了を予定して進む葺合南54号線の改良工事その4。その5も来年度には実施される予定です。



これまでと共通デザインの舗装ブロックが敷設されており、完了したエリアが拡大しています。



照明の街路灯の支柱は養生シートを被り、まだ肝心の点灯部分がありません。



今回の区間はパターンの変化をアクセントにして少し遊び心があります。この部分はチェック柄のようなパターンです。



幅員が最大の部分は歩道というよりも、もはや広場と言っても良い程に開放感があります。



まだまだ敷き詰めるブロックを準備しています。



西側の歩道も着々と完成が近づいています。今回の区間はあまり街路樹がありません。潤いが無いので、植栽や植樹を行っても良かったのではないかと思います。



三宮ミュージアムタワー前の広場前も歩道が完成しつつあり、広場と合わせて大きな空間が広がります。



この部分もチェック柄です。



唯一、北端の交差点付近のみ取り残されたようにまだ以前の状態のままです。しかし工事の手が入るのは時間の問題でしょう。早く真新しく広々とした歩道を大手を振って歩きたいですね。

関連記事
神戸阪急ビル

サンキタ通り道路改良工事 縁石敷設が進む アーケードの美装化も進行中 整備後の姿は日比谷仲通へ近付けられるか

2020年8月20日
こべるん ~変化していく神戸~
リニューアル中の神戸阪急ビルに並行するサンキタ通りも再開発と合わせて歩行者専用道路への転換を図る為の再整備工事が開始されています。  …
三宮

サンセンタープラザの再開発裏側について文春オンラインで連載記事掲載 市長選2ヵ月前に出された記事は波紋を広げるか

2021年9月3日
こべるん ~変化していく神戸~
週刊誌の文春オンラインに三宮の中心に位置する大型商業施設「サンセンタープラザ」の再開発に向けた動きの裏側について取材をした記事を掲載 …
JR三ノ宮駅改修構想

景観デザインコード資料から読み解くJR新駅ビルの配置とボイド空間の設定内容 年内の都市計画決定を目指すか

2022年3月19日
こべるん ~変化していく神戸~
神戸市の都市景観審議会で協議されている三宮駅周辺の再整備・再開発に伴い、三宮クロススクエアが計画されるフラワーロードと中央幹線の道路上の …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です