こべるん ~変化していく神戸~
神戸駅周辺

神戸駅前大晶ビル新築工事に伴う解体工事 既存建物の半分程まで解体が進む 新築ビルの規模やデザインに期待大



JR神戸駅北側の駅前広場か角地にあったテナントビル2棟の解体工事が進行中です。解体されているのは神戸駅前大晶ビル。コンビニや居酒屋等が営業していました。



角地の低層建物と東側のビルの敷地を合わせた形で新築ビルが建設される予定です。既に角地のビルはほぼ地下躯体が消滅。東側のビルも上階2フロアが解体されました。



解体後の敷地は非常に歪な形状になる模様ですが、この敷地にどのようなデザインでどのような規模のビルをへと建て替える予定なのでしょうか。



既存ビル解体と新築ビルの建設は地元ゼネコンの村上工務店が施工します。



立地上、再びテナントビルになる事は間違いないでしょうが、これから再整備される神戸駅前に相応しいデザインや規模の建物を期待したいですね。また駅前エリアの老朽化した建物建替や高度利用の進まない暫定利用地の活用促進の先駆者としての役割をこの開発計画が担ってくれると嬉しい限りです。少なくとも隣接するホテルセンチュリオン神戸と同規模の高さであると風格が出ます。

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です