神戸駅周辺

神戸駅前大晶ビル新築工事に伴う解体工事 既存建物の半分程まで解体が進む 新築ビルの規模やデザインに期待大



JR神戸駅北側の駅前広場か角地にあったテナントビル2棟の解体工事が進行中です。解体されているのは神戸駅前大晶ビル。コンビニや居酒屋等が営業していました。



角地の低層建物と東側のビルの敷地を合わせた形で新築ビルが建設される予定です。既に角地のビルはほぼ地下躯体が消滅。東側のビルも上階2フロアが解体されました。



解体後の敷地は非常に歪な形状になる模様ですが、この敷地にどのようなデザインでどのような規模のビルをへと建て替える予定なのでしょうか。



既存ビル解体と新築ビルの建設は地元ゼネコンの村上工務店が施工します。



立地上、再びテナントビルになる事は間違いないでしょうが、これから再整備される神戸駅前に相応しいデザインや規模の建物を期待したいですね。また駅前エリアの老朽化した建物建替や高度利用の進まない暫定利用地の活用促進の先駆者としての役割をこの開発計画が担ってくれると嬉しい限りです。少なくとも隣接するホテルセンチュリオン神戸と同規模の高さであると風格が出ます。

関連記事
神戸駅周辺

遂に新開地駅・高速神戸駅間連絡地下通路のリニューアルに着手 昭和の香りが残る通路は来春大変身

2021年7月22日
こべるん ~変化していく神戸~
神戸高速鉄道株式会社と阪神電気鉄道株式会社は7月から神戸高速線新開地駅と高速神戸駅を連絡する地下通路「メトロこうべ中間通路」の美装化工事 …
神戸駅周辺

神戸大学楠キャンパス福利厚生施設整備運営事業 JA三井リース建物がキャンパス内に大学・店舗の複合ビルを建設

2021年9月26日
こべるん ~変化していく神戸~
神戸大学楠キャンパスは有馬街道に面し、神大付属病院を中心として医学部医学科・医学研究科の研究棟が複数立ち並びます。このキャンパス敷地 …
神戸駅周辺

日本郵政が全国の保有施設20ヶ所の複合開発に乗り出す!神戸中央郵便局は開発対象とならない?神戸用地とは?

2023年9月23日
こべるん ~変化していく神戸~
日本経済新聞が報じたところ、日本郵政が全国に保有する郵便局や社員寮等、20ヶ所以上の施設について、複合施設として建て替える再開発を行 …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です