須磨水族園

神戸須磨パークス&リゾーツホテル 「神戸須磨シーワールドホテル」の建設と周辺エリアの開発状況をレポート



神戸須磨シーワールドの各水族館施設の建設が進み、外観の完成が近づきつつありますが、同時に建設されている神戸須磨シーワールドホテルも既に上棟し、外観の仕上げや頂部構造の構築が進められています。



まだ全面を足場に覆われている状態ですが、足場は頂部にも掛けられ始めました。



分かりづらいかもしれませんが、頂部では軽量鉄骨の骨組が構築されています。外構部はまだ今後、整備が進められていく事になります。



扇のように両翼が広がるホテル棟。その前にはイルカと泳げるプールやレストランのテラス席が設けられる計画です。



完成予想イメージパースと同様のバルコニーのデザインが見てとれます。



このホテルの宿泊料はどれ位のレベルで設定される想定でしょうか。リゾートホテルの為、客室は基本的に最低でもツインからの設定だと思われます。



ホテル前に伸びる立体駐車場棟と接続する歩行者デッキの建設も順調のようです。



デッキ上の様子です。



駐車場の2階部分に接続していますが、更に地上へと連絡する階段の設置も進められています。



螺旋階段のようにカーブを描く階段です。



南側の平面駐車場周りも整備が完了しつつあります。



駐車場とホテル敷地の間に新たな歩道と真新しいトイレが整備されました。



デザイン性の高いトイレは既に供用が開始されています。



駐車場から安全に快適に須磨海岸へと誘う新アプローチです。



平面駐車場の再舗装も完了し、駐車区画の白線も引かれ、照明の設置も完了しています。



完成した平面駐車場を見渡します。



想定では年間来場者数を初年度で250万人を見積もっているようですが、もっと大きな数字が見込めるようにも思えます。これは赤までも有料ゾーンの来場者であり、一体的にリニューアルされる須磨海浜公園やホテルの来園者、来館者までを含めると遥かに大きな集客性があるのではないでしょうか。

関連記事
須磨水族園

須磨海浜水族園・国民宿舎須磨荘解体撤去他工事 遂に始まったスマスイ周辺のリニューアル計画!1年掛けて更地化へ

2021年5月21日
こべるん ~変化していく神戸~
神戸市内で予定されている数ある開発プロジェクトの中でも最大級且つ最重要案件の一つとして考えられる須磨水族園及び海浜公園のリニューアル …

POSTED COMMENT

  1. sirokuma より:

    須磨シーワールドにマリンピア神戸、来年の年末は須磨付近から舞子付近まで身動きできないくらいの重体になるかも知れませんね。

  2. キノフロノカ より:

    赤までもは飽くまでも、重体は渋滞ですね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です