市庁舎建て替え計画

神戸市役所本庁舎2号館解体撤去他工事は10月までを予定 その後はエネルギーセンターの建設が始まる?



本格的な解体撤去工事に向けて内部調査や準備工事が進められている神戸市役所本庁舎2号館。



敷地はほぼ全域が仮囲いの中に収められ、市庁舎エリア内の公開空地は限定されました。



何故か南面のみは庁舎の壁面と仮囲いがツライチになっています。



エネルギーセンターの建設される予定ちにある2号館別館の前に鉄骨の構造物が登場しました。解体に対してどのように活用されるのでしょうか。



解体を担うのは神戸市内でも公共から民間まで数多くの建設工事を行なっている明和工務店。



建物地上部のみかと思いますが、撤去工事は予想より早く10月の完了を予定しています。その頃には新中央区総合庁舎の躯体が背後に立ち上がっているでしょうか。2号館跡の複合ビルの事業者選定プロポーザルを年度内に広告して欲しいと思っていますが、またもやコロナがタイミング悪く感染拡大中であり歯痒さを感じぜざるを得ません。

関連記事
市庁舎建て替え計画

神戸市役所本庁舎2号館の地上躯体解体工事 既存建物の地上部分がほぼ消滅 年明けよりいよいよ再開発始動

2021年11月2日
こべるん ~変化していく神戸~
明和工務店が施工している神戸市役所本庁舎2号館の解体撤去工事。昨年12月から準備に着手し、10ヵ月を掛けて既存建物の地上部分の解体が …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です