こべるん ~変化していく神戸~
市庁舎建て替え計画

神戸市庁舎冷却塔機能移転工事 基礎工事が進行中


市庁舎敷地北側のこうべ花時計跡地で建設が始まった冷却塔の移転整備工事。この移設か完了すると、市庁舎3号館の解体工事に着手が可能となります。解体は来年度内に開始される予定です。


仮囲いの内部の様子です。前回取材時はまだ花時計のあった築山が残っていましたが、現在はフラットになっています。


花時計跡地です。捨てコンクリートが打ち込まれており、一部は掘削されていました。冷却塔もやはり杭工事の上に鉄筋コンクリートの基礎を構築した上に設置されるのでしょうか。


外周に植えられていた木々も全て伐採されました。しかし一部の木は伐採のみで撤去されてはいませんので、将来的には再び復活してくるかもしれません。冷却塔の移設は6月末完了を予定しています。

関連記事

POSTED COMMENT

  1. 匿名 より:

    三宮駅周辺は動線が悪くバリアフリーからも程遠いので、歩道橋やエスカレーターか整備されるのはとても嬉しいです。

    新長田合同庁舎の工事が進み、外壁が見えるようになっています。既に着工の始まった地下通路改修工事も合わせてまた取材をお願いします。

  2. XEGA より:

    元ファミリア本店はドラッグストアになることが確定しました。内装の天井にシャンプー・リンスなどの札?が掛かりました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です