神戸駅周辺

神戸大学楠キャンパス福利厚生施設整備運営事業 JA三井リース建物がキャンパス内に大学・店舗の複合ビルを建設



神戸大学楠キャンパスは有馬街道に面し、神大付属病院を中心として医学部医学科・医学研究科の研究棟が複数立ち並びます。このキャンパス敷地内南側の神緑会館・保健管理センター楠分室のある部分で建て替え工事が開始されています。

プロジェクト概要








所在地 神戸市中央区楠町7-5-1, 7-5-2
事業者 JA三井リース建物株式会社
敷地面積 42,397.11㎡
延床面積 6,711.81㎡
規模 地上7階
高さ 39.16m
構造 鉄骨造
用途 大学 物販店舗 飲食店舗
設計 大林組
施工 大林組
着工 2021年12月
竣工 2023年5月末



福利厚生施設として建設される予定の新棟は地上7階 延床面積6,711平方メートルの建物で、大学施設の他、低層部にはカフェ等の飲食店や物販店の入る賑わい施設となる予定です。



現在は既存施設の解体工事が大林組の施工で進行中です。



福利厚生棟は医学部管理棟と外来診療棟の間に建つ為、大学関係者のみならず、神大病院の来院者にも利用できる施設になるものと思われます。



建築主はJA三井リース建物。設計、施工は大林組。神戸大学楠キャンパス福利厚生施設整備運営事業は同大学が民間事業者の資金を活用し、敷地を30年以内の事業期間で貸与して、大学教職員及び学生の福利厚生・教育研究活動及び課外活動施設の充実に加えて病院利用者へのサービス向上を図る施設の建設と運営を行うもので、公募によってJA三井リース建物が選定された次第です。新棟は23年5月末に完成予定です。
関連記事
神戸駅周辺

JR神戸駅前 小野ビル・森下ビル・広崎ビル及び平山商会ビルの建て替え計画 不動産活用活性化の動き コーディネーターの必要性

2024年3月7日
こべるん ~変化していく神戸~
昨年7月にJR神戸駅北側駅前の小野ビル・森下ビル・広崎ビルが一斉閉鎖され、建て替えの動きがある事をお伝えしていましたが、暫くはビルの …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です