雲井通5・6丁目再開発

神戸三宮雲井通5丁目地区第一種市街地再開発事業 最上部のインフィニティプールを全国区の施設へと盛り上げたい



JR新駅ビルと共に三宮の新ランドマークとなる雲井通5丁目のバスターミナルビル。再開発で大きく生まれ変わる街として注目を浴びています。ビルの機能はてんこ盛りで、非常に多くの人々が訪れる複合機能を有する建物となる為、インナーシティの様相を呈する予定です。



敷地内全体で掘削工事が進行していますが、特にサンパル跡の北側は工事が先行しているので、地下3階に向けて深く掘り下げられています。



地下3階となると、地上から10m以上の深さに達します。段階的に山留の補強梁が

北側から見ると、掘り進めている部分にまだ鉄筋コンクリートの躯体が見えています。サンパルの地下躯体がこの深さまでにまだ残っているようです。



敷地全体を地下3階まで掘り進め終わるまでにはまだかなりの時間を要す事になりそうです。



南側にも躯体の残骸が確認できます。位置的には勤労会館の躯体の一部でしょうか。



勤労会館の地下階かと思われます。その周りでも乗り入れ構台の支柱となるH鋼の建て込みが進行しています。



乗り入れ構台はT字型もしく十字型に構築されるようです。掘削工事に移行を開始してから既に約3ヶ月。まだ少なくとも向こう1ヶ月は掘削が続くものと思われます。



掘削工事に移行を開始してから既に約3ヶ月。まだ少なくとも向こう1ヶ月は掘削が続くものと思われます。このビルの最上部にはインフィニティプールが整備される予定ですが、恐らく国内では最も高い場所に位置するプールとして、昔、シンガポールのIR施設であるマリーナベイサンズがTVCMで有名になったように、このホテルのプールもCMや映画、ドラマ等に登場する機会も得られるのではないでしょうか。



夜間工事が中心かと思いますが、中央幹線の北側歩道も毎夜のように掘り返されては、埋め戻す作業が行われています。舗装ブロックはアスファルトに置き換えられ、路面はかなりボロボロ。長さ700mに及ぶ歩行者デッキを建設する為の準備工事が続けられています。
関連記事
雲井通5・6丁目再開発

雲井通5丁目再開発計画 中央区役所敷地内で地質ボーリング調査を目撃! バスターミナルI期ビルの設計が進む?

2020年6月9日
こべるん ~変化していく神戸~
3月末に国土交通省と神戸市が「国道2号線等 神戸三宮駅前空間の事業計画」についてとりまとめが発表され、雲井通5丁目、6丁目で計画され …
雲井通5・6丁目再開発

今年5月にバスターミナルビルの再開発会社設立

2018年2月10日
こべるん ~変化していく神戸~
今年の5月にバスターミナルI期ビルの事業者となる再開発会社を設立する方針を神戸市が固めたと神戸新聞が報じました。株式会社で株式の半分を神戸市、神戸すまいづくり公社が15%、兵庫県が …
雲井通5・6丁目再開発

神戸三宮雲井通5丁目地区第一種市街地再開発事業 国土交通省庁が保有しコンセッションで民間事業者が整備・運用するバスターミナル

2024年5月31日
こべるん ~変化していく神戸~
先週、神戸市より建物内に整備される三宮図書館や大小の文化ホールのイメージが発表されたばかりの雲井通5丁目再開発バスターミナルI期ビル …
雲井通5・6丁目再開発

神戸三宮雲井通5丁目地区第一種市街地再開発事業の権利変換計画認可と計画概要を公式発表! 次世代のランドマークタワー誕生!

2022年6月4日
こべるん ~変化していく神戸~
一昨晩、神戸新聞が単独でスクープ記事を掲載し、神戸三宮雲井通5丁目地区第一種市街地再開発事業のイメージパース数点が公表されていました …
雲井通5・6丁目再開発

神戸三宮雲井通5丁目地区第一種市街地再開発事業 サンパルを覆う足場設置の仮設工事が開始される 勤労会館も今週閉館

2022年6月27日
こべるん ~変化していく神戸~
6月上旬に電撃的な開発概要が発表された神戸三宮雲井通5丁目地区第一種市街地再開発事業。開発街区内では先行してサンパルが閉館。1階のご …
雲井通5・6丁目再開発

雲井通6丁目再開発プロジェクト始動に向けて準備組合設立 事業協力者の決定を行う公募・選定プロセスも月内開始

2023年7月8日
こべるん ~変化していく神戸~
神戸市は雲井通5・6丁目で計画しているバスターミナルツインビルについて、いよいよ今月に本格なビル建設工事に着手予定のI期ビルに続き、 …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です