雲井通5・6丁目再開発

神戸三宮雲井通5丁目地区第一種市街地再開発事業 約1ヘクタールの更地が遂に出現!新たなイメージパースも公開



起工式が執り行われ、正式に再開発がスタートした雲井通5丁目地区。夢にまで見た都心一等地における1ヘクタールの更地化が遂に実現しました。



再開発地区内では、至る所にオールケーシング工法によって地中障害物撤去を行う全回転掘削機とケーシングチューブが転がっています。



最後まで残っていた旧中央区総合庁舎跡地も完全にフラットな更地となりました。また段積みされた複数の安定液プラントも要所要所に設置されています。



地中で行われている作業は、JR三ノ宮駅ビル建設地と変わりはない筈ですが、こちらの方が敷地面積の大きさに加えて、大胆な解体が可能な為、ダイナミックに工事が展開されています。JR駅ビルは地下街や駅に隣接して解体を進めなければならない為、非常に慎重に工事を進めています。



建築面積は7,650平方メートルと、こちらの方が遥かに大きいですが、建設される建物の延床面積はバスターミナルビルとJR駅ビルで肉薄した10万平方メートルです。やはり雲井通のビルには大ホールや多目的スペース等が内包される為、床面積以上に容積を必要とする点がポイントではないかと思います。



本当に大規模再開発感が一気に出てきました。



雲井通5丁目再開発株式会社のホームページには、ビルの新たなパンフレットが掲載され、新たなイメージパースが公開されています。

緑化やライトアップの整備された屋上庭園。最高部からは、これまで見た事のない景色が広がっているでしょう。



建物南西から望む新たなペデストリアンデッキは、再開発ビルの2階と連絡し、駅方面からのスムーズな動線が確保されます。



デッキからビル外周の屋外歩廊にアクセスし、これに面した商業空間が賑わいをもたらします。



パーティカルパッサージュを介して、バスターミナル、商業施設、多目的スペース、大ホール、図書館、オフィスまでがスムーズな垂直動線で結ばれます。



大阪以西の西日本では、住宅機能を含まない複合用途の高層ビルとしては最大級の建物になる予定ですが、雲井通6丁目と基壇部を共通するツインタワー化でその規模は更に拡大する事になります。

関連記事
雲井通5・6丁目再開発

雲井通5・6丁目再開発 三宮バスターミナルビルの事業協力者の優先交渉権者に三菱地所グループが決定!

2018年9月12日
こべるん ~変化していく神戸~
遂に来ました!雲井通5丁目地区再開発会社及び神戸市はプレスリリースにて同地区の再開発事業の民間事業協力者優先交渉権者に、三菱地所を代表とする …
雲井通5・6丁目再開発

神戸三宮雲井通5丁目地区第一種市街地再開発事業 敷地全体で掘削が進み乗り入れ構台の設置も開始

2024年5月14日
こべるん ~変化していく神戸~
サンパルの解体工事開始から既に2年が経過した雲井通5丁目再開発プロジェクト。次世代の三宮におけるランドマークタワーの誕生に向けて残り …
雲井通5・6丁目再開発

神戸三宮雲井通5丁目地区第一種市街地再開発事業 遂に工事名称に新築工事が加わる 6丁目北地区の動向にも要注目

2023年11月10日
こべるん ~変化していく神戸~
起工式から早くも2ヶ月が経過した雲井通5丁目第一種再開発事業地区。約1ヘクタールに及ぶ更地は全体が掘り下げられ、多くの重機が稼働して …
雲井通5・6丁目再開発

雲井通6丁目再開発プロジェクト始動に向けて準備組合設立 事業協力者の決定を行う公募・選定プロセスも月内開始

2023年7月8日
こべるん ~変化していく神戸~
神戸市は雲井通5・6丁目で計画しているバスターミナルツインビルについて、いよいよ今月に本格なビル建設工事に着手予定のI期ビルに続き、 …
雲井通5・6丁目再開発

神戸三宮雲井通5丁目地区第一種市街地再開発事業 公開された図面から読み解くバスターミナルI期ビル その2(平面図)

2022年11月15日
こべるん ~変化していく神戸~
雲井通5丁目再開発株式会社が発表したバスターミナルI期ビルの概要に示された図面に基づく深読みその2は平面図です。立面図や断面図では分 …
雲井通5・6丁目再開発

雲井通5丁目再開発事業協力者の募集開始!

2018年6月26日
こべるん ~変化していく神戸~
ヴィーナステラスを眺望点とする都心部建物に対する高さ規制導入に反対される方はこちらをクリック (神戸市に提出する為、皆様からの反対意見を募集しています)神戸市が高層ツインタワーとな …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です