雲井通5・6丁目再開発

神戸三宮雲井通5丁目地区第一種市街地再開発事業 サンパル・勤労会館・総合庁舎の解体撤去工事に着手

来年10月より新築建物の建設工事に着手する為、街区内の既存建物の解体撤去が本格的に進められている雲井通5丁目再開発地区。サンパル、勤労会館に続き、旧中央区総合庁舎も解体準備が開始されています。

プロジェクト概要

神戸三宮雲井通5丁目地区第一種市街地再開発事業



事業名称 神戸三宮雲井通5丁目地区第一種市街地再開発事業
施行者 雲井通5丁目再開発株式会社
施行区域 兵庫県神戸市中央区雲井通四丁目345番の一部,346番,347番の一部,同五丁目301番, 302番,303番,317番,318番,319番,320番の一部
区域面積 約1.3ヘクタール
敷地面積 約8,230㎡
延床面積 約98,570㎡
建物構造 鉄骨造 鉄骨鉄筋コンクリート造
階数/高さ 地下2階 地上32階 塔屋2階/約163m
主要用途 商業施設、バスターミナル施設、公益施設、業務施設、宿泊施設 公共施設
設計 大林組 三菱地所設計 坂茂建築設計 東畑建築事務所
施工 大林組

解体着手 2022年6月
完成予定 2027年頃

市道葺合南146号線を幅員18mに道路拡幅





バスターミナル

bustabuild05.jpg

bustabuild08.jpg

バーティカル・パッサージュ

bustabuild07.jpg

三宮図書館

bustabuild06.jpg

屋上庭園



EVOL HOTEL KOBE





屋外歩廊空間











現在の様子



6月に閉館した勤労会館は外構や低層部内部の解体が既に進んでおり、建物全体を覆う足場と防音パネルの組み立てを行いながら、内部の解体も同時に進行中です。



足場の組み立てもだいぶ進んできました。南面は残り約半分弱といったところでしょうか。



西面は先行しており、もう間もなく全体が覆われる事になります。



最も先行するサンパルは解体開始から4ヶ月が経過しています。建物は全体が足場に覆われています。一部まだ防音パネルの無い部分があるのは、風を逃す為の対策か何かでしょうか。



街区を囲む仮囲いはグルリとほぼ一周しています。



まだ暫くは3棟の建物における内装解体と足場の組み立てが作業のメインとして居座ります。



そして唯一、解体が始まっておらず、仮囲いの設置もまだなのが、東横INN神戸三ノ宮II。



ホテルは8月末を以て閉館しました。現在は解体開始に向けて、内部設備の搬出や撤去が進められているものと思われます。



神戸市内では築後20年に満たない建物の解体は非常に珍しいケースかと思います。



東横INNが仮囲いの内部に収まると、街区全体が解体対象として更地化に向けて大きく前進する事になるでしょう。



先日も東京駅前の再開発ビル・ミッドタウン八重洲内にバスターミナル東京八重洲が開業し、注目を集めました。

また全国で進められている再開発と一体となった最新のバスターミナルについても言及する報道が多く、国土交通省がバスターミナル整備の推進に積極的である事が明確になっています。



神戸三宮の新バスターミナルも何を隠そう国土交通省が床を買い上げて、国有化した上で、運営は民間事業者に委託する予定です。

新バスターミナルは三宮周辺に散らばるターミナル、停留所を集約する他、市バス以外の各サービス路線等も集められる一大交通拠点が形成され、国際化の進められる神戸空港と都心のリンクにも重要な役割を果たす事になるでしょう。



中央幹線の地中インフラの移設・更新工事も本格的に始まっています。


同様に再開発地区東側の葺合南146号線もインフラ更新工事がスタートしています。再開発ビルの完成後にはこの通りから多くのバスがターミナルビルの中に吸い込まれていく事になります。

関連記事
雲井通5・6丁目再開発

神戸三宮雲井通5丁目地区第一種市街地再開発事業の権利変換計画認可と計画概要を公式発表! 次世代のランドマークタワー誕生!

2022年6月4日
こべるん ~変化していく神戸~
一昨晩、神戸新聞が単独でスクープ記事を掲載し、神戸三宮雲井通5丁目地区第一種市街地再開発事業のイメージパース数点が公表されていました …
雲井通5・6丁目再開発

神戸三宮雲井通5丁目地区第一種市街地再開発事業 街区の完全更地化はもう目前 この再開発によって都心軸は東へと移動するのか

2023年6月5日
こべるん ~変化していく神戸~
今夏7月より再開発ビル本体の建築工事を開始予定の雲井通5丁目再開発。約1ヘクタールの開発用地誕生まで秒読みに入りました。  …
雲井通5・6丁目再開発

神戸三宮雲井通5丁目地区第一種市街地再開発事業 勤労会館の解体撤去工事開始 全体街区の解体準備整う

2022年9月3日
こべるん ~変化していく神戸~
雲井通5丁目の再開発始動に伴い、閉館した神戸市勤労会館の解体撤去工事も開始されました。建物を足場と防音パネルで覆い始めています。  …
雲井通5・6丁目再開発

神戸三宮雲井通5丁目地区第一種市街地再開発事業 サンパルに続いて勤労会館の解体撤去工事にも着手 東横INN閉館を待って街区全体の解体開始

2022年8月25日
こべるん ~変化していく神戸~
大林組の施工により、サンパルの本格的な解体が開始されている雲井通5丁目の大規模再開発プロジェクト。地上32階・高さ164mの超高層複 …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です