雲井通5・6丁目再開発

神戸三宮雲井通5丁目地区第一種市街地再開発事業 勤労会館の解体撤去工事開始 全体街区の解体準備整う

雲井通5丁目の再開発始動に伴い、閉館した神戸市勤労会館の解体撤去工事も開始されました。建物を足場と防音パネルで覆い始めています。



足元周りの設備の撤去が進んでいます。南側に面する中央幹線も東行きの北側2車線を封鎖していますが、これは駅前から延伸する歩行者デッキの基礎を構築する為に、歩道下に余っているインフラ設備の移設工事を進める目的との事です。



勤労会館に接続していた歩道橋も仮囲いの中に含まれてしまいました。



既に階段は封鎖されて、勤労会館方面へのアクセスは出来ません。



勤労会館の東側の壁も足場で覆われ始めました。



三宮駅周辺の中・長距離バス乗降場の集約にかかる基本計画アドバイザー募集が行われたのは2016年の事です。ここまで来るのに6年を要しました。



ようやくこの解体風景を見る事ができるようになりました。三宮のプロジェクトはどれも計画から着手、完成に長い年月を要します。もう待つ事には慣れてしまっています。

東横INNも営業を終了しましたので、中央区総合庁舎と共に街区内の全ての建物が閉館し、解体準備が整いました。



サンパルの低層部も大胆に解体が進行しており、側面にポッカリと大きな穴が開きました。



しかし徐々に大規模再開発の波及効果は都心エリアでの新たな不動産投資へと向かい始めているようです。今年はJR駅ビル、バスターミナルビル、市役所2号館の主要開発案件の概要が明らかになり、三宮がいよいよ本格的に変貌を始めます。大きく変わりつつある他都市とようやく同じ土俵に立つ準備が整いました。まだまだ開発余地は残っており、神戸空港の機能拡張と大阪湾岸道路西伸部の建設進捗と共に都心とウォーターフロントの活性化を面的に広げていく必要があります。
関連記事
雲井通5・6丁目再開発

新・三宮バスターミナルは国営施設に 国交省の主導でバスタ整備を全国で強化 年度末までに事業計画案はとりまとめられるか?

2020年3月14日
こべるん ~変化していく神戸~
雲井通5丁目再開発事業によって建設が予定されている超高層複合ビルの低層部に開設されるバスターミナルですが、この床を国土交通省近畿整備局が …
雲井通5・6丁目再開発

神戸三宮雲井通5丁目地区第一種市街地再開発事業 山留工事が本格化 周辺エリアへの開発波及は見込めるか?

2023年12月22日
こべるん ~変化していく神戸~
大規模な基礎工事と解体工事が同時進行している神戸三宮雲井通5丁目地区第一種市街地再開発事業。未来の三宮のランドマークとのる高さ163 …
雲井通5・6丁目再開発

雲井通5丁目再開発事業協力者の募集開始!

2018年6月26日
こべるん ~変化していく神戸~
ヴィーナステラスを眺望点とする都心部建物に対する高さ規制導入に反対される方はこちらをクリック (神戸市に提出する為、皆様からの反対意見を募集しています)神戸市が高層ツインタワーとな …
雲井通5・6丁目再開発

神戸三宮雲井通5丁目地区第一種市街地再開発事業 サンパルに続いて勤労会館の解体撤去工事にも着手 東横INN閉館を待って街区全体の解体開始

2022年8月25日
こべるん ~変化していく神戸~
大林組の施工により、サンパルの本格的な解体が開始されている雲井通5丁目の大規模再開発プロジェクト。地上32階・高さ164mの超高層複 …
雲井通5・6丁目再開発

神戸三宮雲井通5丁目地区第一種市街地再開発事業 公開された図面から読み解くバスターミナルI期ビル その2(平面図)

2022年11月15日
こべるん ~変化していく神戸~
雲井通5丁目再開発株式会社が発表したバスターミナルI期ビルの概要に示された図面に基づく深読みその2は平面図です。立面図や断面図では分 …
雲井通5・6丁目再開発

神戸三宮雲井通5丁目地区第一種市街地再開発事業 起工式開催後の現場 工事名称の看板は切り替えられた?

2023年9月15日
こべるん ~変化していく神戸~
先週木曜日に大々的な起工式が開催され、兵庫県、神戸市、三菱地所、大林組等、関係者約180名が出席する大規模な式となった模様で、このプ …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です