ウォーターフロント

神戸ウォーターフロントアートプロジェクトに映画「アバター:ウェイ・オブ・ウォーター」が登場

神戸ウォーターフロントアートプロジェクトはリニューアル工事中の神戸ポートタワーを覆う仮囲いのカバーをスクリーンとして、プロジェクションマッピングによる投影でウォーターフロントのにぎわい創出に一役買っていますが、この冬公開予定の映画「アバター:ウェイ・オブ・ウォーター」がポートタワーの巨大スクリーンに登場する事になりました。



2009年に公開され全世界歴代興行収入第1位を記録した他、世界中で大ヒットを繰り広げたジェームズキャメロン監督の前作「アバター」から13年。続編の最新作「アバター:ウェイ・オブ・ウォーター」が12月16日(金)から公開されるのを機に、同作の美しく壮大な物語を予感させるダイナミックな映像を投影し、映画の世界観でウォーターフロントを包み込むイベントが12月1日(木)より開始されます。



また同時に海洋博物館や噴水広場等、メリケンパーク内の施設や照明を美しい海をイメージした「アバター・ブルー」で幻想的にライトアップし、更に作品のキャラクターが描かれたフラッグを各所に掲げられます。

プログラムの投影時間は5分で、12月1日~18日までは上記時間の毎時25分・55分頃に投影。12月19日~25日は時間内で3回の投影を行う予定です。

話題作とアートプロジェクトのコラボは非常に良いアイディアかと思います。今後もこのアートプロジェクトのみならず、民間とのこうしたコラボを積極的に進め、にぎわいの種を生み出していくべきかと思います。

関連記事
ウォーターフロント

改修中のポートタワーを活用したプロジェクトマッピングで神戸港を彩どる 神戸ウォーターフロント アートプロジェクトがスタート

2021年12月17日
こべるん ~変化していく神戸~
リニューアルに向けて改修工事が開始されている神戸ポートタワー。美しいタワーの姿は今後、足場と養生ネットに覆われて、完全に姿を消してしまいます …
ウォーターフロント

神戸三宮フェリーターミナルに行ってみました

2014年9月28日
こべるん ~変化していく神戸~
新港第三突堤で建設の進められていた神戸三宮フェリーターミナルが9月3日に開業しました。これまで突堤西側にジャンボフェリーの専用ターミナルとして稼働していたターミナルビルに代わって、 …
ウォーターフロント

地上躯体消滅完了間近の中突堤中央ビル南館 同ビル跡地の再開発は北館次第 敢えて開発をしない手も考え得る?

2023年8月11日
こべるん ~変化していく神戸~
今春より解体撤去工事に着手した中突堤中央ビルの南館。来年3月末までの工期は残り約半分となりましたが、既に建物地上部は仮囲いの外からは …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です