三宮

生田新道に新テナントビル 「北長狭通TAKAI B.L.D 新築工事」が進行中!今冬に竣工予定



生田新道で突如開始された鉄骨建方!テナントビルの建設工事がいつの間にか開始されていました。



この土地にはかつて花屋の入った4階建ての低層ビルが立っていましたが、昨年末までに解体されており、跡地の活用が気になっていました。今回の新築ビル計画はその南側にあったデッサンビル(背後に立つグレーの建物)の2棟の建物の土地を集約した開発となっています。



建物の規模は地上10階。建築主は高井商事。設計はエヌエイチケイ日本ハウス神戸。再びこの2社コラボのプロジェクトが進行しています。



建物名は「北長狭通TAKAI B.L.D」。10フロアのテナントビルです。生田新道に新築テナントビルが建設されるのは、トアロードとの交差点角地にあるTRSX以来、4年ぶり。トアロード以東となると、恐らく旧東急ハンズ向かいのみそのビル・東新ビル以来の約20年ぶりになるのではないかと思われます。



仮囲いの角に完成予想パースを印刷するユニークな方法でテナントを募っています。

外観には、加納町3丁目交差点に建設した2棟のTAKAI B.L.Dのようなカーテンウォールをファサードに採用したデザインではなく、既存ビルを取得してリノベーションしたコンクリート打ちっ放しの外装とするようです。



同じく生田新道で高井商事が取得し、リノベーションを施したTAKAI B.L.D。外装をコンクリートで覆っています。



土地の形状は変形L字型です。テナントは主に飲食店やサービス系が想定されるものと思われます。



高井商事は今年の春に加納町にTAKAI B.L.Dを完成させた上で、新たにこの北長狭通のプロジェクトにも挑んでおり、非常にアグレッシブにビル開発を進めている頼もしい存在です。都心物件の取得数も増やしており、今後も期待したいですが、基本的にJRの高架以北に投資が集中しています。北長狭通TAKAI B.L.Dは12月下旬に竣工予定です。

関連記事
三宮

フラワーロード・旧柏井ビル(セントラルシティ神戸三宮駅前第2ビル)他の跡地はひとまず暫定利用へ移行 将来の再開発を睨むか

2023年12月21日
こべるん ~変化していく神戸~
加納町・フラワーロードで解体が進められていた旧柏井ビル及びエピファニービルは建物地上部の撤去が完了し、更地となりました。この土地活用 …
三宮

三宮-元町間界隈の新規開店・閉店状況 Withコロナによる回復と訪日客増で路面店の空きテナントへの出店に拍車が掛かるか?

2022年10月18日
こべるん ~変化していく神戸~
コロナ禍によって経済活動が減退し、街の活性化の大きな妨げとなってきましたが、弱毒化によって「withコロナ」化を促進できる環境が整っ …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です