三宮再整備

東遊園地再整備工事(その1) 遂に公園の大部分を閉鎖!来春の全面リニューアルに向けて着工

11月4日から遂に開始された東遊園地再整備工事。都心のシンボル的なオアシスが開園以来最大の大規模改修を経てリニューアルされる計画です。既にメリケンパークの改修実績があり、リニューアル後の公園利用者数は大幅に増加した事から、東遊園地も同様ににぎわい・回遊拠点の一つとしての機能が期待されています。

プロジェクト概要

東遊園地再整備工事(その1)

















施工者 丸山造園
完成期限 2022年3月31日



工事の開始の為、公園の入口の大部分がフェンスによる仮囲いで閉鎖されました。ここは西側の仲町通りに面した入口です。



今後、来年3月末までの約5ヶ月間に渡って公園が閉鎖されます。大規模公園の改修としては短期工事なのではないかと思われます。



フラワーロード側の様子です。植栽や立木にはネットが被されています。



園内の様子です。まだ工事準備を行なっている模様です。撤去する物、残す物の選定とマーキングを進めているようです。



唯一、まだ閉鎖に至っていない一般開放エリア。南側の震災復興モニュメント周辺です。園内の木々も紅葉が始まり、秋の深まりを感じさせるようになってきました。



芝生広場もまだ一般開放を継続してしています。今年もルミナリエは休止されましたが、この再整備工事の実施もその理由の一つではないかと思います。



年明け1月には現在の開放エリアも全て閉鎖され、3ヶ月は全面閉鎖となります。南側で建設中のこどもの本の森 神戸と共に4月に東遊園地が全面リニューアルオープンする予定です。ただ今回の工事はその1ですので、その2が来年度に控えています。園内拠点施設のアーバンピクニックはその2の工事対象かと思われます。

関連記事
三宮再整備

2025年問題は起こり得るか? 大阪都心で大型オフィスビル相次ぐ完成 三宮バスターミナルビルへの影響は?

2019年7月17日
こべるん ~変化していく神戸~
新中央区総合庁舎の完成時期遅れに伴って、同様に完成時期が当初の構想から1年遅れの2026年になる模様と思われる雲井通5丁目のバスターミナ …

POSTED COMMENT

  1. sirokuma より:

    ルミナリエはどうかな?
    再開するのであれば、東公園は使用せずに、KPMに会場を移したらどうかなと思います。旧居留地を絡めたいのであれば、2号線混むでしょうが京町筋から真っ直ぐに南下させたら良いと思います。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です