旧居留地

旧居留地 The 45thのリニューアル工事 完成は来春を予定



開業以来初のリニューアル工事が進められている旧居留地の商業ビル「The 45th」。低層部は1-2階が仮囲いと足場に覆われ、5-10階も足場と養生ネットに包まれています。



ビルは上層階のテナントの一部が営業を継続していますが、地下〜地上5階は休業状態です。どの階がどのように改修されているのか定かではありません。



新たな中核テナントとなるアパレルブランドの進出する1-2階は柱を除いて外壁が完全に撤去されているようです。



この改修工事を進めているのは乃村工藝社。商業・文化施設の設計、施工を得意とする企業です。2018年にミント神戸が開業以来初の大規模リニューアルを行いましたが、この改修を手掛けたのも同社です。またハーバーランドの神戸アンパンこどもミュージアム&モールも同社の実績で最近では兵庫津ミュージアム 展示設計業務の公募型プロポーザルでも同社が受託。



労災保険関係成立票から工期は来年3月末まで。1年という思った以上に長期の大規模改修工事のようです。まだ約半年の工期が残っていますが、完成が楽しみになってきました。

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です